島田雅彦の一覧

「島田雅彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:島田雅彦(シマダマサヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年3月13日
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 職業:小説家

『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。代表作は『僕は模造人間』、『ドンナ・アンナ』、『彼岸先生』など多数。

公式Twitter

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年10月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/09/30更新

ユーザーレビュー

  • パンとサーカス
    エンターテイメント小説として非常に楽しめた一冊。現実社会で起きてきた事実も随所に取り入れ日本の受身の体質を批判する視点もフィクションでありながら痛烈。後半の二重スパイに踏み込むくだりはややしつこい流れを感じたが500ページを越える大作を飽きることなく一気に読めた。
  • 好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美
    原文の一部が載ってるくらいので読みたいと思ったけれど、完全現代語訳。だけど、それぞれ訳された作家さんたちのセンスがキラリと光り、江戸文学のエッセンスがギュッと詰め込まれた、お値打ち品の一冊。

    好色一代男
    原作: 井原西鶴/ 現代語訳 島田雅彦
     七才の時、夜中に子守に連れられてトイレに行った時、足...続きを読む
  • 小説作法XYZ―作家になるための秘伝―(新潮選書)
    最後のエチュード。「自分教、個人宗教を開き、最初の信者になる。戒律や教義を定め、独自の神を編み出す」ことを意識して生きよう。
    小説を書こう、書けるとはさらさら思わないが、たいへん実践的な、実戦的な哲学書であった。
  • パンとサーカス
    作者の「暴走」に付き合いました。まあ長かった。
    アメリカの望むままに沖縄の基地どころかひと続きの島嶼部の大幅な基地化まで推進していく日本の政治に大きな懸念をもっているが、「日米同盟の先にあるのは中日戦争、米軍は出動せず、日本だけが再びの敗戦を喫する」との見立てに同感だ。右側のみなさん、どうやったら中...続きを読む
  • 別冊NHK100分de名著 ナショナリズム
    どの本もとても示唆に富んだもの。各解説者も深い考えを持っていて、大変勉強になりました!番組も含めオススメです

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!