「島田雅彦」おすすめ作品一覧

「島田雅彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 英雄はそこにいる 呪術探偵ナルコ
    島田雅彦さんの本は、本当に最初の頃からずっと読んでいますが、とても明るく楽しい作風になっているので嬉しくなりました。
    主人公が能力者ではあるものの、さほど魅力的な外見ではないところも好感がもてます(笑)
    読んでいて楽しい、というのはいいですね。
    事件の内容はシリアスでもありますが、解決にいたる過程、...続きを読む
  • 好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美
    名所旧跡というものがある。人の口に上るので、自分では特に行ってみたいと思っていなくても、一度くらいは行っておいたほうがよいのではと思ってしまう、そんなようなところだ。古典というのもそれに似たところがあるのかもしれない。学校の歴史の授業で名前だけは聞いていても、『雨月物語』はともかく、色恋や女郎買いを...続きを読む
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 徒然草inUSA―自滅するアメリカ 堕落する日本―
    日本人には類いなき感性がある。わびさびと不定形の美の受容、自然をモチーフにした芸術的創造。改めて思うに、たとえば食でいえば手間暇かけてできあがった料理のなんと素朴なことか。沢庵、梅干し、納豆に豆腐。主食の銀シャリですら米を炊いただけの姿だ。一見貧しく見えて、実は果てしなく豊かな知恵と味わいが秘められ...続きを読む
  • 迷い婚と悟り婚
    すばらしい!
    結婚を後悔してる人間に対し、結婚してよかったと思うための根拠(というか言い訳)を、これでもかというまでに提示してくれます。

    男だからそんな気楽なことが言えるんでしょ、とイラッとさせられる部分が多々あるのも事実ですが…笑

    非婚のかたよりむしろ、結婚するんじゃなかった…と後悔してしかた...続きを読む