深読み日本文学(インターナショナル新書)

深読み日本文学(インターナショナル新書)

作者名 :
通常価格 734円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「色好みの伝統」「サブカルのルーツは江戸文化」「一葉の作品はフリーター小説」など、古典から漱石・一葉らの近代文学、太宰・安吾らの戦後作品、さらにAI小説までを、独自の切り口で分析。創造的誤読、ユーモアの持つ効能、権威を疑う視線といった、作家ならではのオリジナリティあふれる解釈で、日本文学の深奥に誘う。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月25日

 そう深くは、ない。
 文学史としては、割と常識的かな。
 ただ、高校レベルから離れている人には、けっこう面白いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月15日

日本文学の伝統は「色好み」なんだそうです。
その出発点となった源氏物語は、言うまでもなく光源氏の恋愛物語。
当時、考えられ得るありとあらゆるパターンの恋愛が網羅されていました。
なぜ、そんな物語が編まれたのか。
そこには政治的な思惑がありました。
それは、天皇を中宮彰子皇后の寝室に足繁く通わせる政治...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月29日

最初のほうの、エロの章は面白い。源氏物語はあまり興味なかったが、この本をきっかけに、谷崎版で読もうかと思った。最後のAIの章は、わかるけど、不要な章だなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月04日

深読み、というタイトルからは想像しなかったほど、面白くて読みやすい!
これを以って文学史とするには……だけど、どのような時代の流れ(や、当時の人々の気質)が、そうした作品を生み出し、受容する土壌となってきたかという所が分かりやすい。

色好みの文学として『源氏物語』から始まった時は、全容が掴めずにい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月18日

 直木賞芥川賞選考委員でもある作家島田雅彦氏、彼の独自の思想と観点による日本文学史概論。
 全十章は時代順に構成され、古典『源氏物語』に見る色好みの伝統から、西鶴と近松に見る江戸文学、漱石・一葉・谷崎から迫る近代文学の深奥、太宰と安吾らの作品から感じる戦後日本の精神と文学、そして文学の未来「AI小説...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play