夢よりも深い覚醒へ 3.11後の哲学

夢よりも深い覚醒へ 3.11後の哲学

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「不可能性の時代」に起きた3.11の二つの惨事は、私たちに何を問うているのか。日本で、脱原発が一向に進まないのはなぜなのか。そもそもなぜこれほど多数の原発が日本列島において建設されてきたのか。圧倒的な破局を内に秘めた社会を変えていくための方法とは? オリジナルな思考を続ける著者渾身の根源的な考察。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
270ページ
電子版発売日
2012年05月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

夢よりも深い覚醒へ 3.11後の哲学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)
    (和書)2012年07月22日 15:51
    大澤 真幸 岩波書店 2012年3月7日


    原発についてからイエス・ソクラテスへそしてヘーゲルとマルクスの思考方法など思考がなされている。

    ハンナ・アーレントが危険思想はない思考することが危険なのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    1「未来の他者」はどのようにしたら、私達の意思決定コミュニティーのメンバーに入れることができるか?

    2「神の国」に近づくためには、現実をどのように位置づけることができればよいのか?

    3自分たち自身を「プロレタリアート」として認識することはできるか?

    同じ頂に登るための3つのアプローチについての...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月31日

    尊敬する社会学者の一人、大澤真幸さん。今回もおもしろかった。どこかでもう一度読み返したい。『不可能性の時代』と合わせて読むと、より効果的かと。

    原子力を巡る「信と知の乖離」や、「例外の守備範囲の拡大」などは、多くの人が共感できると思う。また、ロールズの正義論の限界を乗り越えられる理由として、「未来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    自分では当然と思っている事が、周りには受け入れられない。

    著者にとって、その1つが原子力発電です。危険で廃止するのが自明と思っているのに、3.11にもかかわらず廃止という意見が少ない。

    そんな時、ただ声高に主張するのではなく、どう行動すればよいか?

    著者は持論を展開していきます。それを成功/失...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月16日

    被爆の経験を持つ日本人が原子力発電をなぜ受け入れたのか.3/11後の様々な問題について哲学者が幅広い考察をしているが、数多くの引用文献を駆使した理論展開には付いていけない部分が多かった.IV章で「江夏の21球」が出てきたのは意外だったが、このような事象を哲学的に考えている人がいることに驚きを感じた....続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月02日

    この話は鮮度が大事で、仮に3.11から数年を経てこの本が出されたのだとしたら大澤氏にしてはあまりに思考が浅いのでは?と思ったけど3.11から1年も経たずに出版されてたことをあとがきで知り、そのスピード感はさすがだなと思った。
    震災・津波や1F事故を宗教的、哲学的観点から捉えて社会構造、意識構造を問う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月05日

     最低限、同著者の『不可能性の時代』(岩波新書)を読んでいないと、まったく理解できないと思われる。相変わらずの衒学趣味とアクロバットな力技には辟易させられることもあるが、さまざまな社会問題に対するちまちました対症療法の繰り返しにうんざりしている向きには魅力的な問題提起ではある。少なくとも第3章と第5...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    知が融合するとこんな風になるのかなぁ・・・・。
    百科全書的でおもしろかった。
    でも・・・・、原発に無理やり???って感じも無きにしも非ずかなぁ。
    ソクラテスとキリストとマルクスと原発かぁ・・・。
    理念としてはわかるし、視座も角度も愉快なんだけど・・・・。
    全体としては現実的ではないですね。
    2012...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月03日

    東日本大震災以降の原発をどう捉えるのか。
    原発事故の危険性がわかってしまった今となっては原発はなくすという選択しかないと結論している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月24日

    近年、著者が巡らせてきた様々な哲学的論考(『不可能性の時代』、『ふしぎなキリスト教』など)を切り口に、3.11を読み解いた作品。著者独特の表現が多用されていること(「第三者の審級」、「アイロニカルな没入」など)も踏まえると、はじめて著者の本を手に取る方には難しいような気もします。
    論考の中身も、キリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています