日本人のための軍事学

日本人のための軍事学

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中国や北朝鮮の軍事的驚異がひしひしと迫る昨今、多くの新聞や雑誌、テレビ、書籍が耳目を賑わせる。

とはいえ、戦後70年以上平和を享受してきた日本人にとって、軍事という概念は「悲惨」「怖い」「不幸」という感情面での印象以上の理解がなかなか難しいものかもしれない。

本書は社会学者の橋爪大三郎氏が元自衛隊最高幹部の折木良一氏に、戦争とは何か、軍とは何か、といった基礎的概念から話を聞き、現在日本が抱えている周辺国の軍事的脅威がいかなるものか、日本はどう立ち回ればいいのかまでを問う対談を収録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2018年07月07日
紙の本の発売
2018年07月
サイズ(目安)
4MB

日本人のための軍事学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月19日

    ○自衛隊とは
    ○覇権国家を目指す中国
    ○北朝鮮の非核化をめぐる問題

    日本、中国、アメリカ、韓国、北朝鮮の関係性について広く浅くではあるが、知れたのはよかった。特に、中国や北朝鮮の展望に関しては知識が薄かったので興味深いと感じた。

    まだまだ他の本を読んで深めないと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月26日

    第Ⅲ部 東アジアの行方 が面白かった.北朝鮮、中国の状況をかなり詳しく解説しており、非常に楽しめる.最新情報として、米朝会談の解説があり、2回目目前の状況で参考になった.防衛問題を具体的に解説することは、プロであった自衛隊幹部の役目だと認識している折木さんの心意気は素晴らしい.それに比べて、国会での...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング