藤巻健史の作品一覧

「藤巻健史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:藤巻健史(フジマキタケシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年06月03日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:経済評論家

一橋大学商学部卒。著書に『迫り来る日本経済の崩壊』、『一ドル二〇〇円で日本経済の夜は明ける』、『マネーはこう動く―知識ゼロでわかる実践・経済学』、『ひとたまりもない日本 根拠なき「楽観論」への全反論』などがある。経済評論家。

作品一覧

2022/12/23更新

ユーザーレビュー

  • 超インフレ時代の「お金の守り方」 円安ドル高はここまで進む
    藤巻さんの今後の日本経済の行方と日本人の対応策をまとめた本。
    藤巻さんの方針は一貫して超円安、ハイパーインフレ。全くぶれない。ここ4,5年は我慢の年で、ドル建てMMFなどて資産を守ることに専念すべし。大きな山を超えた後は、日本復活するので投資していくべきと。
    かなり振り切った考えではあるが、説明され...続きを読む
  • 超インフレ時代の「お金の守り方」 円安ドル高はここまで進む
    前半は現在の円安ドル高の原因を構造から説明してくれる。「円安がこのまま進んで1ドル1000円になる!」という主張はトンデモに聞こえるが、その前提となる構造の解説は筋が通っているので一見の価値有り。
    お金の守り方の話は後半から。円から避難して別通貨持とうねー、持つなら流動性があって基軸通貨のドルでねー...続きを読む
  • 超インフレ時代の「お金の守り方」 円安ドル高はここまで進む
    今起きているインフレによって円が今後どうなるのか?また何がインフレをもたらしたのかがよくわかった。日銀と政治家の責任は重い。円ではなくドルを持つようにして自分の資産を守る必要がある
  • 日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨
    日銀の財政ファイナンスが今後国民にハイパーインフレとして与える影響に慄きます。自分の資産は自分で守るようにしなくちゃ。コロナが起きて円は加速度を増して円安が進んでいて、この本は未来を見通していたように感じます。
  • 日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨
    日銀の異次元緩和へ批判の書 出口がなく、ハイパーインフレを招くしかない
    全く同感 対案は、金利政策で、「マイナス金利と円安200円」分かり易い
    ただしこれが国際社会、特に米国に受け入れられるかはコメントない
    一点解らないのが、「巨大な日銀当座預金」
    「銀行引受け-日銀の買取り」の経由で有る限りは、日...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!