中野京子の一覧

「中野京子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/08/17更新

ユーザーレビュー

  • 名画で読み解く イギリス王家12の物語
    普段読まないジャンルを読んでみようの回。

    歴史本初心者だけれど、よくまとまっていて分かりやすいし、文体が好みなのか読み物としてまず面白い。すらすら読める。
    他の著書も読んでみたいです。
  • 画家とモデル―宿命の出会い―
    中野京子さんの本、続けて読んで、7冊目。

    全て素晴らしく、たのしめるが、これが今のところ、ベスト1。
    サージェントの秘密にまずガツンとやられた。
    画家の切ない思いが胸に迫る。セクシャルで熱を帯びた筆致。そして最後はワイエスのヘルガシリーズで閉める。
    秘密のある人間のなんと魅力的なことよ。

    一つの...続きを読む
  • 名画で読み解く プロイセン王家 12の物語
    おもしろくてあっという間に読んでしまった。ハプスブルクの同シリーズの後に神聖ローマ帝国がよくわからない~と思って読み始めたけど、プロイセン史は歴史の流れが日本の幕府っぽくてイメージが掴みやすいのと、地域が現ドイツのエリアからそこまで大きく変わらないので(いや、植民地を多く持ったり、領土をびっくりする...続きを読む
  • 名画で読み解く ハプスブルク家 12の物語
    複雑なハプスブルク史を読むにはちょっと時間とエネルギーが足りない夏だったけどやはり絵画の力とやさしめに書いてくれる中野先生、そして章立ての力で楽しく読めました。時系列に書いてくれていて、家系図は冒頭、年表は巻末にあるので私のような初心者は最初に年表にざっくり目を通した方が分かりやすいかも。
    個人的に...続きを読む
  • 名画で読み解く プロイセン王家 12の物語
    情報量が多い!最高!
    倒置法を用いた次章への引きで往年の美の巨人たちを思い出した。
    本書はドイツ統一を果たしたプロイセン:ホーエンツォレルン家のおはなし。

    1701年、スペイン継承戦争のドサクサでプロイセンは公国から王国へ昇格し、王朝の始まりとなった。以降、9代、217年で幕を閉じる。

    フリード...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!