名画に見る男のファッション

名画に見る男のファッション

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ハイヒール、豪華な毛皮、脚線美、これらすべて男の特権。そして、昔だろうが男だろうが、おしゃれは我慢だった! 「怖い絵」シリーズの中野京子が、絵画に描かれた男性の当時の最先端ファッションを斬る!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年04月23日
紙の本の発売
2016年04月
サイズ(目安)
22MB

名画に見る男のファッション のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月25日

    山岳ばかりで寒冷なスイスは極貧に喘ぎ、14~18世紀には男たちは傭兵として出稼ぎをするしかなかった。それにしても、スイスの傭兵のファッションの奇抜さは群を抜いている。体半分で模様が違う服を着ているし、動きやすいように腕のスラッシュ(切れ込み)を入れたのも彼らが最初らしい。「俺らは命を懸けてんだぜ、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月22日

    文体のおかげと、ページ辺りの文字数が少ないでサクサク読めた。取り扱ってる絵の量も多く国も時代もバラバラなので幅広く楽しめる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月12日

    「名画」というのは、映画ではなく絵画のほう。
    怖い絵の本をたくさん出している中野さんだが、この本はちょっとユーモラスだ。
    女性のファッションについては語りつくされた感があるので、男性のファッションに注目してみる、という形で絵画を楽しんでみましょう、ということ。

    主に14世紀から19世紀くらいの間、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています