恐怖と愛の映画102

恐怖と愛の映画102

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

母と息子がなごむ直後、心底ぞっとする映像が……。
『怖い絵』の著者が、「母」「電話」「乗り物」「家」など9つの主題で102本の映画を紹介し、人間心理の怖ろしさと深さを鋭く分析したエッセイ集。
主題の考察に加えて、ふとしたシーンの意外な発見も満載です。

『ゴッドファーザー』の母の役割とは? 『マトリックス』の電話の皮肉とは? 『間宮兄弟』の怖さとは?
古今東西の傑作をめぐりながら、映画の新たな楽しみをご案内します。

※紙版に掲載した画像の中に、一部電子版に掲載されていないものがございます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年05月08日
紙の本の発売
2009年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

恐怖と愛の映画102 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年02月15日

    久々にゆったり映画をみたくなる映画エッセイ
    新旧おりまぜてのジャンルに偏らない紹介作品の
    選択がむしろ魅力的でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月14日

     私がこれまで読んだ中野氏の著作はどれも歴史上の人物を取り扱っているので、“結末”がちゃんと書かれている。
     でもこれは映画の感想(?)なので、オチやキモの部分は「映画を観てのお楽しみ!」になっていて、とても欲求不満になった(笑)。
     私が観たことのない映画が大半で、これを読んで初めて観たくなった映...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    知ってる映画だと「うんうんそうだよな」と納得したり「なるほどそういう見方もあるのか」と感心し、知らない映画はもれなく見たくなる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月23日

    「怖い絵」でおなじみの中野京子氏。前に読んだ「ハプスブルグ家12の物語」がおもしろかったので、氏の映画感に興味が湧き読んでみました。102という数なので1作品は約2ページ。雑誌「母の友」に2000年4月~2009年3月まで連載されたもの。短いせいなのか、絵画の時ほど、はっとするような切り口ではありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月18日

    映画好きならオススメ

    最初はうまいなと思ったけどだんだんパターンに飽きてきて、知らない映画は読みとばすようになった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています