上田紀行の一覧

「上田紀行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 平成論 「生きづらさ」の30年を考える
    【問いかけて30年】「怒涛の時代」とも称される平成の世を、「生きづらさ」をテーマとして、主に宗教面から読み取ることを試みた作品です。著者は、東京工業大学でリベラル・アーツを教える上田紀行ら4名。

    「そんなこともあったなぁ」と読み進めるうちに、平成の一側面をわかりやすく解説してくれる一冊でした。難解...続きを読む
  • 平成論 「生きづらさ」の30年を考える
    「平成」という時代を、「宗教」という視点から分析した本です。社会の変化とそれをうけた宗教界の変遷が、相互に影響しあって平成の「空気」を作り上げた様子がわかりやすくまとめられています。

    「激動の昭和」につづく平成の30年は、「失われた20年」などともいわれるように、閉塞感のある時代だったような印象が...続きを読む
  • 生きる意味
    蜉ケ邇??荳贋クサ鄒ゥ縲∵ァ矩??謾ケ髱ゥ閾ウ荳贋クサ鄒ゥ縺九i縺ョ髢区叛縲
    縲悟?逧??髟キ縲
    縲後Ρ繧ッ繝ッ繧ッ縺吶k縺薙→縲阪?悟ョ牙ソ??阪r豎ゅa繧九?
    縲碁&蜥梧─縲阪r蜃コ逋コ轤ケ縺ィ縺励?√?瑚協謔ゥ縲阪↓蜷代°縺?粋縺??
  • かけがえのない人間
    蜈ア諢溘r隕壹∴繧狗ョ?園螟壹??≠繧翫∪縺励◆縲
    莉悶?闡玲嶌繧りェュ繧薙〒縺ソ繧医≧縺ィ諤昴>縺セ縺吶?
  • がんばれ仏教! お寺ルネサンスの時代
    「縁起」という世界に対する見方を、現代の日本において、どのように起動させていくのか。そこで僧侶・住職・寺院が果たすべき役割とは何か。多くの実例を紹介・分析しつつ、あくまで具体的に、仏法を現代日本社会の再生に生かす道を探っている。多くの僧侶や宗教関係者、あるいは教育者にとって耳の痛い指摘が続くが、著者...続きを読む