「西林克彦」おすすめ作品一覧

「西林克彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/13更新

ユーザーレビュー

  • わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
    読解に限らず、人とのやりとりでも、
    「もうちょっと考えたら本当の意味、わかったのに…。オレの馬鹿」と自己嫌悪に陥ることはよくある。

    もうちょっと考えないのは、決して時間がなかったわけではなく、その時点では、分かっていたから。

    その辺の心の落とし穴を国語教材を通して
    明らかにしてくれる好著。
  • わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
    読んでよかったの一言。

    本を読んでも断片的にしか覚えていなかったり、
    本の内容を誰かに話そうとすると、もやっとはいえるけど自分の言葉になってないことがありませんか?

    この本は本を読んで、「わかったつもり」(よんだつもり)がなぜ起こるか、またそうならないためにどういった読み方をするのが良いかがわか...続きを読む
  • わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
    現代国語というカテゴリーが存在する意義を教えてくれる。予定調和を積極的に理解する上で重要な役割を果たす。
  • わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
    細部まで読まないと、思い込みなしで読まないと、大事なところを見落としたり、間違った読み方をしてしまう。至極当たり前のことですし、10年前にはちゃんと意識してできていたことが、今は疎かになってるなあ。
  • わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
    最近仕事の上で、十分に理解していると思っていた事が
    大変浅い理解であったことに気づく場面がよくあります。

    この浅い理解の原因を考察しますと、表面上の字面を
    見ただけで理解したと「思い込む」ところにあると思われます。

    これは普段本や雑誌を読む上での私の癖でもあり、
    「読む力」=「考える力」が密接に...続きを読む