あなたの勉強法はどこがいけないのか?

あなたの勉強法はどこがいけないのか?

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

勉強ができない理由を、「能力」のせいにしていませんか? 「できる」人の「知識のしくみ」が自分のものになる方法を、認知心理学から、やさしくアドバイスします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2019年01月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

あなたの勉強法はどこがいけないのか? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月02日

    非常によい本。全ての人に読んでほしい一冊。
    勉強について、自分なりのコツとして蓄えてきたものが見事に言語化されていてカタルシスを得た(知識を関連させて覚える、公式は覚えないなど)。
    一方で自分の認識の及んでない内容もあった(苦手意識を持つのは自分の限界を知るのが怖いから、応用問題が解ける=その補助知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月28日

    二種類の分かることの説明がわかりやすく示されている本。
    受験に使う知識は使わないと割り切るのではなく、その知識を使えるレベルまで理解することの大切さや面白さが理解できました。
    たんなる暗記はお手軽だけど、長期の記憶にはならない、
    実は知識として必要なものはさほど多くない、と言ったことが具体例と一緒に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月23日

    非常に面白かった。学校の勉強は普通の勉強には役に立たないと思ってるなんてもったいないよ、から始まり、国語数学理科等を通して、学ぶ時にどういうように考えればいいのか、を提示してくれている。
    国語 何かを覚えるには無闇に暗記するよりも、理由を考えながら覚えれば簡単に覚えられると精緻化リハーサルを実践させ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    テストの度に覚えて、終わったらすぐに忘れたり、物事を考える上で勉強で得た知識を活かせていない人を対象に、勉強をして、使える知識をどのように身につけるのかについての考えを伝授した本。

    タイトルの「どこ」が指しているのは、時間やモチベーションの管理、勉強計画の立案、予習復習のタイミングetc...では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月11日

     「苦手」や「できない」、「得意」や「素質」といった考えがどのようなものかを丁寧に解説してくれています。
     また、「既存知識」に関連させることで「知識」がついて行くということの重要性も感じさせてくれます。
     この本の内容を読む前にかかれている内容を感覚でわかっている人も多いはず。しかし、人に何かを教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月18日

    認知心理学の視点に立って、筆者がアドバイスをしてくれる本。
    勉強ができないのは「能力」がないからではなく、知識が足りないから。わからない問いにぶつかった時は、諦めるのではなく、1度自分の知識を吟味することが大事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月07日

    西林 克彦さんの『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 …』を読んで、積読になっていたことを思い出した本。応用問題が解けないのは、応用力や思考力というような漠然とした能力が不足しているわけではなく、組織的に蓄積されたスマートな補助知識を持っていないためらしい。私たちは無意識のうちに既存知識を働...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月17日

    小手先の勉強術ではない、根本的な部分に迫った本。

    ごり押し暗記の今までの自分の勉強法の至らなさに薄々気付いていたためにこの本を読んだ。

    暗記は核となる部分のみで。
    周辺知識は核から導き出す。
    個別事例を一般化することで他の事例に応用する。

    ぜひ、実践したい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています