「文春新書」おすすめ作品一覧

「文春新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2017/11/17更新

「文春新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論
    直系家族の社会は、アングロサクソンの核家族の社会ほど、国家を必要としない。直系家族自体が国家の機能を内部に含むから。核家族は個人を解放するかシステムだが、そうした個人の自立は、公的な、つまり国家の福祉を前提としている。ネオリベラリズムは、それを忘れている矛盾がある。この話は、奇しくも、渡辺京二の話と...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    現代の様々な分野でのスターたちが大学生たちを前に講演する若き頃の話。登場するのはノーベル化学賞の山中伸弥、棋士の羽生善治、映画監督の是枝裕和、京大総長の‎山極壽一。

    彼らは学生たちにとってあこがれの偉人だが、手の届かない別世界の住人ではない。彼らにも「何者でもなかった」無名の時代があった。そのとき...続きを読む
  • 佐藤優の集中講義 民族問題
    同志社大学で行われた講義の講義録だそうです。
    ナショナリズムと民族について、各種の定義と批判的な解釈を学びます。その後、琉球民族の独立について考察すると、確かにアイルランドやウクライナと同様、独立に向かう可能性が懸念されます。
    私も含めて、多くの日本人が民族問題に鈍感なので、特に琉球の歴史について、...続きを読む
  • 生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント
    まさにその通り! 私も体験した通り、人生を共有したような感じ。
  • 断る力
    一言で言ってしまえば、同調傾向が強いシゾフレの人は大変という話。違うものは違うと言える能力と勇気を持つこと。リスクの少ないところから、断る力を試していって身に付けよう。ということだった。
    思い返してみると、自分も断りたいことがたくさん思い浮かんだので、今度試してみようと思う。

特集