「文春新書」おすすめ作品一覧

「文春新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2019/01/18更新

「文春新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • アンドロイドは人間になれるか
    以前、NHKのSWITCHインタビューや「最後の授業」という番組で
    とても面白く興味深かった石黒さん。
    「最後の授業」に内容が通じていて、語りを文章にまとめた形で読みやすい。
    本人の持つ雰囲気、ユーモアのセンスが、この本の中からもうかがえる。
    人の気持ち、感情という曖昧なものを突き詰めていくと、
    ...続きを読む
  • 一切なりゆき 樹木希林のことば
    自分を持ってる人がとてつもなく魅力を持った存在になり、魅力的な人生を送っていけるのだなと感じました。
    他人と比べない、人の意見に流されるくらいなら自分の道突き進んで自分で責任取れよと言われてる気がしました。
    これからの人生の参考にしたいと思います
  • AIが変えるお金の未来
    マネーフォワードやウェルスナビ、海外のキャッシュレス化の紹介を通じて、ここ数年のフィンテックによる金融の大きな変化が感じられた。

    デジタル通貨だろうが、現金だろうが、自分の資産をどう活用をして、どうやって豊かな人生を実現するかを考えるのは自分自身。
    AIが提示した結果に対して、疑いを持てるようなお...続きを読む
  • 中国4.0 暴発する中華帝国
    企業間や人間関係にも使えそう、なるほどと思ったことのいくつかを。

    「国の規模が大きいほど外国への理解度は低くなる」
    企業でも同じことが言えると。

    「大国は小国に勝てない」
    他国連携要素が生じてしまう。

    国家そのものの性質、国体を見抜き理解し、どう取り扱うかが重要。

    代表的なアメリカ人は「人類...続きを読む
  • 中国4.0 暴発する中華帝国
    稀代の戦略家と呼ばれる著者による中国論。
    以下、本書より。

    【日本政府への提言】
    (2016年3月20日発行)
    最後に現在の安倍首相や日本の対外政策担当者に向けて注意を喚起して、本書の結びとしたい。
    「慎重で忍耐強い対応」というのは、通常はほぼ全ての国に対して勧められるもの。
    だが、私がここで強調...続きを読む

特集