入山章栄の一覧

「入山章栄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/16更新

ユーザーレビュー

  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    企業が所謂「イノベーションのジレンマ」に陥ることなく、持続的に成功するためには、既存事業の「深化」と新規事業の「探索」を両立する必要があり、その実践に向けた経営手法やリーダーシップの要諦を明らかにした一冊。

    既存事業が抵抗勢力となって「探索」を阻むのを避けるため、リーダーは「探索」と「深化」の両方...続きを読む
  • ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
    イノベーションには知の探索と知の深化の両輪が必要で特に知の探索が大事。
    知の探索には遠くの知との掛け合わせが必要で、そのためには緩いネットワークが良い。

    組織の情報共有で大切なのはトランザクティブメモリーでknowwhoが大事。
    3年前の本とは思えないほど、今の話題に沿っていると思う。内容が幅広く...続きを読む
  • ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
    【目次】
    【Part1】いま必要な世界最先端の経営学
    【Part2】競争戦略の誤解
    【Part3】先端イノベーション理論と日本企業
    【Part4】最先端の組織学習論
    【Part5】グローバルという幻想
    【Part6】働く女性の経営学
    【Part7】科学的に見るリーダーシップ
    【Part8】同族企業と...続きを読む
  • 地域再生の失敗学
    定期的に地域活性化ネタは仕入れる必要があるかと半ば義務感もありながら手にとった本でしたが、これが非常にためになるものでした。
    特に興味深かったのは、東京大学の林助教が低減する「自主再建型移転」の話で、中山間の限界集落の集団移転についてです。限界集落をどう維持するかについてはどこでも課題になっているわ...続きを読む
  • ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
    入山さんは、2013年に日本に戻られ、WBSで教えておられますが、少壮の学者とまで若くないですが、経営学を学ぶ者としては、日本の経営学者の中では、今一番教えて欲しい方です。所謂、日本の学者!でなく、学術活動を米国でされています。「経営学とは、果たして学問なのだろうか」という永遠の問いの答えをもってい...続きを読む

特集