世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア

世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●話題騒然! 経営学の本としては異例の売れ行き。たちまち5万部突破!――「驚くほどわかりやすい」「目からウロコの連続」と大好評● ドラッカーなんて誰も読まない!? ポーターはもう通用しない!?
米国ビジネススクールで活躍する日本人の若手経営学者が、世界レベルのビジネス研究の最前線をわかりやすく紹介。本場の経営学は、こんなにエキサイティングだったのか! 競争戦略、イノベーション、組織学習、ソーシャルネットワーク、M&A、グローバル経営、国際起業、リアル・オプション、ベンチャー投資・・・
ビジネス界の重大な「問い」は、どこまで解明されているのか。――知的興奮と実践への示唆に満ちた全17章。最先端の「ビジネスの知」がスラスラわかる! ◆日本でのイメージとは大違い! 驚きに満ちた「本場の経営学」
国際的な経営学界で活動する日本人研究者はほんのわずか。また国内の経営学は事例研究が中心のため、海外ビジネススクールでの科学的・実証的な研究の成果が、日本ではほとんど知られていません。ドラッカーの著作は経営学とは見なされず、ポーターの競争戦略論のはるか先の議論が白熱、ソーシャルネットワークの理論が一大潮流になっている――世界の経営学の実状は、日本でのイメージとは大きく異なります。 ◆世界トップレベルのビジネス研究の「おもしろいところ」を厳選し、エッセイ風にわかりやすく紹介。
本書は、国際的な経営学界にいる数少ない日本人研究者の一人が、世界レベルのビジネス研究の最新トピックを紹介する一冊です。話題は日本人ビジネスパーソンにとって示唆に富むものを厳選しました。膨大な学術論文の裏付けを示しながらも、語り口はあくまで平易で明解。エッセイのように気軽に読みながら、グローバル時代を生きる上で知っておきたい、世界レベルの経営学の「おもしろいところ」に触れられます。 本書で扱われるトピック(一部)
●経営学についての三つの勘違い
●経営学は居酒屋トークと何が違うのか
●ポーターの戦略だけでは、もう通用しない
●組織の記憶力を高めるにはどうすればよいのか
●「見せかけの経営効果」にだまされないためには
●イノベーションに求められる「両利きの経営」とは
●経営学の三つの「ソーシャル」とは何か
●日本人は本当に集団主義なのか、それはビジネスにはプラスなのか
●アントレプレナーシップ活動が国際化しつつあるのはなぜか
●不確実性の時代に事業計画はどう立てるべきか
●なぜ経営者は買収額を払い過ぎてしまうのか
●経営学は本当に役に立つのか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
英治出版
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年04月04日
サイズ(目安)
2MB

世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月28日

    面白かった。面白すぎて催してトイレに行ったくらい面白かった。文章がとても丁寧で読みやすい。同い年の人がこうやって活躍するのを見るのは嬉しいね。読みたい本や論文がたくさん出てきたけど、手に入るのかな?ちなみに僕は、コグート・シン指数によると日本から69カ国中64番目に「国民性の距離」がある国で仕事して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    欧米の経営学の現状や研究動向を広く解説いただいております。
    工学を学んでから経営学をかじった者として、常々思っていた疑問にこの書は的確に答えてくれました。
    経営学のカテゴリーである社会科学においても、科学という名がつく以上は、定量的に実証することが必要であることにも納得。
    そのために必要なツールであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月17日

    様々な経営に関する研究内容を分かりやすく伝えてくれている。特に共感したキーワードは「知の進化&探索」「トランザクティブ・メモリー」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月23日

    経営モデルではなく学問としての経営「学」の話。
    論理的にまとめられているだけでなく、エッセンスをかみ砕いて記載しているので、読みやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月17日

    告白すると『世界の経営者はいま何を考えているのか』というタイトルだと本を読み始めた後しばらくするまでそう思っていた。読めばわかるが(読まなくてもわかるが)、「経営学者」が考えることと「経営者」が考えることはずいぶんと違う。本書は「経営学者」が考える「経営学」のフロンティアに関する本。著者もニューヨー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    経営学は社会学の一分野として理論形成を目指している。

    先端の論文に触れながら、経営学がどのような学問なのかを紹介している。なかなか難しいが、面白い。あまり深入りせず、本で紹介しているレベル感で読むのが吉。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    本書が書かれた時点での経営学研究のトレンドだけでなく、経営学を研究する上で必読ともいえる比較的古い論文も紹介されている。

    経営学研究の流れを知る上で良い本だろう。

    個人的には、リソース・ベースト・ビューをめぐる論争が興味深かった。おそらく日本の大学での戦略論の授業で、半ば擦り込みのごとくリソース...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    ドラッカーの名前をうまく使ったインタビュー記事にまんまと釣られて購入したのだがしばし積読に。『世界の経営学者は7年前に何を考えていたのか』になってしまった。

    経営学なる分野の簡にして要をえたまとめであると同時に、まだ発展途上と思われるこの分野への著者の思いも語られる。これを読んですぐビジネスに役立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    経営学に関する網羅性あるレビューとしてすごくありがたい本でした。
    しかし忘れないでおきたいのは、日本でも統計を用いる定量的な研究は多く行われているということです。問題はむしろ、論文が日本語のため世界で読まれないことではないかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月31日

    この本は2009年から2011年の間に書かれていてそれから8〜10年経つことになるが、CVCが普及してるなど急激変わっているということで、サイクルの激しい学問領域であるがゆえに、アンテナの張り方が大切だと感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

世界の経営学者はいま何を考えているのか に関連する特集・キャンペーン