池上彰のニュースから未来が見える

池上彰のニュースから未来が見える

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

アベノミクスも領土問題もユーロ危機も。最新ニュースが、この一冊を読めば全て分かる!

一年の三分の一は海外取材で世界を回る、池上さんが、自分の目で確かめた優しいニュース解説。「世界の今後を考える上でも、まずは正確な現状把握を。そのために、この本がお役に立てれば、こんな嬉しいことはありません」(本書より)。ニュースが分かれば、あなたの未来も変わります!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

池上彰のニュースから未来が見える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月23日

    2011〜2013のニュースについてなので、まだオバマ政権のことが書かれていたり、、。
    でも、アメリカの分断のことや大統領選挙のこと、中東問題など、2020の今も役立つ内容がたくさん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    12年3月発売の『ニュース、そこからですか!?』に続く第2弾。アベノミクス、領土問題、その他国内事情、オバマ大統領再選に絡むアメリカの政治問題、イスラム過激派による中東の緊張、地震・ウィルス等の科学にまつわる時事問題を扱う。本文中、アベノミクスに対してかなり辛口な指摘が展開されるため、自民党を崇拝す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    日本やアメリカの政策について、その意味や効果が
    とてもわかりやすく書いてある。

    簡単なことも丁寧に説明しているのでわかりやすい。

    中東問題の歴史的背景も書いてあり、そこからどのように広がっていっているか。
    またその火種も見えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月18日

    この本の出版が2013年で、このあとさらに世界は変化しているのかと思うと世界の動きの速さに驚きます。このあとの流れも再確認したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月16日

    ニュースより少し掘り下げた感じで、最近の問題の根幹を分かりやすく解説した本。深みでは他書に劣るが、ざっと見たニュースを一段掘り下げてくれる感じ。時間のない人にお勧めかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月13日

    多角的な視点を与えてくれる良書だと思う。
    全方位に切り込むスタンスに見えるけど、池上さんにもタブーはあるのだろうか。今後も頑張って貰いたい。
    注意点があるとしたら、判りやすくするためかもしれないが、バッサリ簡略化して言い切り過ぎている感もあるので、鵜呑みは禁物。著者もそのような読み方は希望していない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    週刊誌連載記事を本にまとめたものなので、各項目について、もうちょっと掘り下げた解説が読みたい…という面はあるものの、いつもながら分かりやすい解説です。これからも読んで行きたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月02日

    池上彰さんの世界で起こるニュースを分かりやすく解説した本。

    毎回、池上さんの本を読んで「今、世の中でこんなことが起こっているのか」と知る。時事出来事を知らない人にとっては最適だと思います。

    この本をベースに各時事ネタを深堀りするとよいと思う。まずは、広く浅くニュースを捉えたい時にオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月30日

    アベノミクスや領土問題、宗教のお話し。そして、科学技術のお話しなど池上彰さんは本当に、教養が広い方ですよね。東京工業大学で教養科目を指導していると言う理由もわかる気がしました。

    領土問題は、ネットなどを見ていると竹島や尖閣諸島は日本の領土だと譲らない人も多いけど、それに裏打ちされた理由を知らないで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    領土問題に絡んだそれぞれの国の思惑の基本的な部分だけ捉えて今と比較してみても、事態はそれ程変化していないので、この先どうなるものか?と感じてしまいます。国際社会への明確なアピールが必要であるのことは再認識できました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています