「池上彰」おすすめ作品一覧

「池上彰」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池上彰(イケガミアキラ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年08月09日
  • 出身地:日本

慶應義塾大学経済学部卒。 NHK記者からフリーランスのジャーナリストに転身。『そうだったのか! シリーズ』、『週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理』など数えきれないほどの著書を手がける。テレビへの出演も多数。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    シリーズ「1」から続けて読みたくなると踏んで、「2」もまとめて購入。
    「バブル景気」「リーマンショック」のことが噛み砕いて書かれていて、わかりやすさでいうと満足度★5つ!
    漫画のストーリーの中で、主人公の二人が急遽ラジオに出演して経済の話をする場面があるが、結局は「人に話す」ことで、自分の頭の中が整...続きを読む
  • 世界から格差がなくならない本当の理由
    「日本は貧しい人がますます貧しくなる」

    世界の所得格差が広がるのは資本主義が共産主義を恐れなくなったから。
    これは確かに言えると思います。
    冷戦が終わり資本主義の勝利で終わったので格差を恐れなくてもよくなりました。

    そんななか日本でも格差が広がります。
    日本の格差は貧困の連鎖にあると思います。
    ...続きを読む
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
    宗教について非常に分かりやすく書かれた本

    日本では、政教分離の観点からか宗教については学校であまり学ばない。
    からこそ、日本人は無宗教だと感じているのかもしれない。
    しかし、私たちも困った時には必ず何かにすがっている。
    それがきっと、私たちにとっての宗教なんだろう。

    イスラム圏の人たちにとって、...続きを読む
  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    近代歴史で経済のターニングポイントとなった出来事がマンガを通したわかりやすい説明で学ぶことができた。
    特に日本の戦後の成長からバブルの崩壊とサブプライム問題が下記に示す流れで分かりやすかった。
    【日本の戦後の成長からバブルの崩壊】
    ①固定相場制(1ドル360円)
    ②輸出拡大(朝鮮戦争により武器等の輸...続きを読む
  • 池上彰の 未来を拓く君たちへ
    仕事がつらくなったら読書に逃げ込む、なるほど。

    理想の社会をイメージし、自分が果たす役割を自問自答し、その理想に向けて動き出すことが大切。

    何度も会える関係を築くには、名刺の力ではなく個人の力量を磨き続けること。その道の専門家と議論できるくらい問題に精通すること。

    教養を効率的に身に付ける、そ...続きを読む

特集