池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」

作者名 :
通常価格 1,287円 (1,170円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界的大不況の中、今あらためて注目されているマルクスの「資本論」。この難解な書を、ジャーナリスト池上彰が、高校生を前に実際に講義で解説した、わかる『資本論』の決定版! 派遣切り、就職氷河期……。資本主義は人間を幸福にするのか? 池上彰が高校生との14時間の集中講義で、「資本論」とは何か、を解き明かす。池上さんだから納得!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ホーム社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年07月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    難解な定義や詩的な表現満載で読みにくい資本論を平易な日本語で解説してくれています。恥ずかしながら1度読破を投げた経験があるのですが、この本のおかげでもう1度原書を読もうと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    資本論を読んで、何が書いてあるかさっぱわからなかった自分のような凡夫には最適な教科書。資本主義の行き着く先が共産主義というのはファンタジーだと思うが、新自由主義は再考が必要だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    面白かった!
    けど
    経済がわかると
    今の世が怖い

    コロナの今
    労働力は一挙に精算され
    福祉労働に流れるのか・・

    最後に
    マルクスに"誰に読ませるつもりで書いたんよ⁈"
    と 小言を言ってはるのには
    笑ってしまった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    絶対に読め。
    自分が社会のどんな歯車であるか、どう働くのか、働いた先に何があるのか、痛烈に叩き込め。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    大学時代に経済原論(ようするにマルクス経済学)の授業をとっていたが全く理解できなかった。
    でも社会人になって数年もすれば、この本なら十分理解できる。
    資本主義が進むと労働者は資本家から搾取され、それに不満を持った労働者が革命を起こすという話。
    今から150年前に既に資本主義の本質を見抜いていたマルク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    高校生の〜と題名はなっているが、大人が読んでも十分に得るものがある。そもそも資本論の原文などそのまま読んですっと理解できる人がいるのだろうか‥池上さんの解説有りでも何回も原文を読み返してようやく言わんとすることがわかるような瞬間が多々あり、非常に文章が難解。
    しかし、その言わんとすることがわかってく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    率直な感想はマルクスすごいなってこと。140年も前に資本主義の問題をこんなにも正確に分析してる。でも原文読んでも絶対理解できないからそれをわかりやすく解説した池上さんはすごいってこと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月01日


    働いても報われないと感じるサラリーマンや将来に希望の持てない学生に是非読んでほしい。
    カールマルクスの書いた『資本論』を池上彰がわかりやすく説明してくれる。高校生にもわかるかは、意見が分かれるところだが...。
    『資本論』というとカールマルクスが書いた共産主義を生み出した悪しき本!というのが読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    マルクスの資本論を池上彰のナビゲートでエッセンスを読む。高校生への講義録をもとにしている。マルクスが19世紀の資本主義の世界を分析してくれたが、今の日本の社会も同様な現象が現れている。資本主義を自由にさせると19世紀に戻ってしまったかのようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月02日

    翻訳書や解説本は池上彰さんのこの本に比べるとどれもこれもダメダメ。資本論を読むならこの1冊で必要十分!!あと社会で仕事をしたことがあるか否かで体感度合も変わってくるね。
     載っている智識を仕事で使うことは先ずないだろうけど、新自由主義の弊害を目の当たりにした今、マルクスが執筆後100年以上も後の世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

池上彰の講義の時間 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
    世界的大不況の中、今あらためて注目されているマルクスの「資本論」。この難解な書を、ジャーナリスト池上彰が、高校生を前に実際に講義で解説した、わかる『資本論』の決定版! 派遣切り、就職氷河期……。資本主義は人間を幸福にするのか? 池上彰が高校生との14時間の集中講義で、「資本論」とは何か、を解き明かす。池上さんだから納得!
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
    これが知りたかった! 世界で4人に1人はイスラム教徒。「でも、僕たちは、彼らのことをほとんど知らなかった」池上彰が高校生を前に講義を行い、信者10億人以上、世界を動かすといわれるイスラムについて、『コーラン』・歴史・生活・文化など11章にわたり解説。注目のイスラム金融にも触れた格好の一冊。本当の姿のイスラム教徒とイスラム世界。
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかる原子力
    3・11の事故で安全神話が崩れ、見直しを迫られる日本の原子力発電。そもそも原子力とは何か。人間はどのようにして原子力を手に入れたのか。それが爆弾に使われたのはなぜなのか。世界はどうして核兵器を捨てられないのか。被爆国でありながら、なぜ日本は原発の道を選んだのか。安全神話はなぜ崩れたのか。事故後の原発はどうなるのか。使用済み核燃料は安全に処理できるのか。人間は本当に原子力をコントロールできるのか。池上彰が原子力の歴史と問題点を丁寧に解説。これならわかる!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ホーム社 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング