「高山文彦」おすすめ作品一覧

【高山文彦】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 中上健次の生涯 エレクトラ
    中上健次ほど、「いとおしさ」を背後に秘めた作家はいない。
    出生の秘密、作家としての立身、路地の現在状況、などなどが渾然一体となって中上の豊穣な文学を作り出しているのだということがわかる。
    そして新宿の生活、永山則夫への過剰とも見える共感。
    すべてが彼の文学的資産になった。

    そしてさらに、小...続きを読む
  • ふたり 皇后美智子と石牟礼道子
    水俣病は終わっていない。
    そのことを、天皇皇后両陛下が自ら御示しになられた。
    この著作がなかったら、もう水俣病は過去のものだという印象のままであった。
    水俣病をめぐる闘争は、人間がその尊厳を堅持するための闘争であった。
    多くの人に読んでほしい著作である。
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 「少年A」14歳の肖像
    [重闇]世紀末の日本を震撼させた神戸連続児童殺傷事件。自らを「酒鬼薔薇聖斗」と名乗り、凄惨な殺人を犯した少年はどのような人生を送ってきたのか、どのような問題を抱えていたのか、そして周りの人間は彼をどう見ていたのか......。今なお明かされない側面が多々ある「少年A」の実像に迫った作品です。著者は、...続きを読む
  • 文藝春秋2月号

    文芸春秋3月号

    年間購読にしているのですがどうしたら読めますか

特集