「半藤一利」おすすめ作品一覧

  • 作者名:半藤一利(ハンドウカズトシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年05月21日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学文学部国文科卒。1965年『日本のいちばん長い日――運命の八月十五日』で作家デビュー。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞受賞。単著、共著、編著それぞれ数多くの著書がある。

作品一覧

2017/03/10更新

受賞作品

発売予定作品

ユーザーレビュー

  • 昭和史1926-1945

    大正が終わり、昭和が始まり、
    戦争に明け暮れる日本が降伏していまでの
    昭和史をまとめた本作。

    500ページ超えの作品ですが、
    講義風の文体は非常に読みやすく、
    すらすら読めました。

    読んだ感想としては、
    戦争は人を歪めるんだというのを
    改めて感じました。

    政治家、軍隊とマスコミが歪んでしまった...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 昭和史 戦後篇 1945-1989

    無味乾燥な歴史の教科書で戦後史や現代史を学ぶより、この本一冊をじっくり時間をかけて読むべきだと思う。長すぎず短すぎず、良くまとまっている。

    戦後史や現代史は学校でじっくり教えられる機会が少ない。(学期の最後に学ぶことが多く駆け足になる)そのため、多くの人が戦後史や現代史の基本的なことも知らない。
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 昭和史1926-1945

    この本の素晴らしさは是非読み通して感じて欲しい。そして、最後に必ず「むすびの章」を読んで欲しい。歴史を学ぶことの意義が短い言葉で的確に集約されている。

    Posted by ブクログ

特集