「半藤一利」おすすめ作品一覧

「半藤一利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:半藤一利(ハンドウカズトシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年05月21日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学文学部国文科卒。1965年『日本のいちばん長い日――運命の八月十五日』で作家デビュー。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞受賞。単著、共著、編著それぞれ数多くの著書がある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇物語(2)
    第一次世界大戦や米騒動、2巻最終話のヒキによる世界情勢も気になることながら、とにかく山縣有朋がうざい。
    彼本人には、彼なりの正論があるのでしょうが。
    「あの男はダメだ。あの男の興味は権力と金欲」という貞明皇后の言葉がど真ん中で刺さります。

    「官憲の栄職や権力のためでなく、人が幸せに暮らせる世を創り...続きを読む
  • 世界史のなかの昭和史
    「勝者なき平和でなければならない。勝者も敗者もない平和だけが長続きするのだ。」アメリカ大統領ウィルソン
  • 昭和天皇物語(2)
    歴史上のレジェンドが登場しつつ、まだまだ平和といえる時代。戦争に突入するのが怖い、が、反面、これからの展開を期待。
  • 歴史と戦争
    6月8日(金)現在まだ届いていません 確認お願いします。
    注文№1EVRB9COSPJ6O50M50
  • 明治維新とは何だったのか――世界史から考える
    もう明治維新150年とか薩長土佐で勝手にやってくれと思っている人たちにとっては当たり前の視点・史観では有るけど、それがこの2名の対談でより明確になっていて大変心地が良い。よく太平洋戦争の総括が不十分である事への指摘が多いが、そもそも日露戦争当時戦争への総括が不十分であり、その実際が広く国民に知らしめ...続きを読む

特集