昭和史1926-1945

昭和史1926-1945

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

授業形式の語り下ろしで「わかりやすい通史」として絶賛を博した「昭和史」シリーズ戦前・戦中篇。日本人はなぜ戦争を繰り返したのか-。すべての大事件の前には必ず小事件が起こるもの。国民的熱狂の危険、抽象的観念論への傾倒など、本書に記された5つの教訓は、現在もなお生きている。毎日出版文化賞特別賞受賞。講演録「ノモンハン事件から学ぶもの」を増補。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
平凡社
掲載誌・レーベル
平凡社ライブラリー
ページ数
546ページ
電子版発売日
2015年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

昭和史1926-1945 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月12日

    オーディブルで18個に分かれていたものを全部聞いた。
    とても分かり易く、率直に日露戦争から太平洋戦争敗戦に至る昭和史を語った本。
    年表的な歴史の授業では、満州事変、大政翼賛会、226事件、真珠湾攻撃などと一直線に戦争に向かった印象だったが、丁寧に紐解くことで、要所要所で決定的に判断を誤ったポイントが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月26日

    過度に日本を貶めず、かと言って賛美もしない良い距離感の昭和史。だから戦争になったのか、これからも絶対に戦争が起きない保証はないなと思えてしまう。日本人の特性が今なお生きているからこそ、危うさも感じる。一度読んだだけでは、腹落ちできたか自信はないけれど、良い読書になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月25日

    なぜ日本は戦争に向かっていったのか。

    歴史を作っていった個人レベルにまでフォーカスしつつ、それぞれの人物が意思決定をした背景にあった思想や組織の力学などにも触れて語られている。

    陸軍は陸軍、海軍は海軍の論理があり、政府だけではうまく動かない政体に。更にその上には絶対的な天皇もいながら、天皇をある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月22日

    再読。再読ではあるが、最初に読んだのが2007年、今から15年前のことなので、新たに読むのと同じ感覚で読んだ。
    昭和の1926年から1989年が2冊に分けて書かれている。本書はその上巻で、1926年、すなわち昭和元年から、1945年、すなわち太平洋戦争終結までを描いている。何故、このような無謀な戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月16日

    昭和の歴史がとてもわかりやすく説明されている。海軍と陸軍の暴走、それを後押しした新聞、新聞に煽られて戦争に熱狂していく国民。そしてその時代の指導者たちのリーダーシップのなさ。自分が見たいように現実を見て、自惚れやの傲慢ちきな性格、これじゃあ国が滅びそうになることがよくわかります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月20日

    とにかく昭和史は「起きてほしくないことは起きない」と都合よく思い込んでしまったことが次々に起こった歴史で、アメリカは攻めてこないだろう、ドイツは勝つだろう、ソ連は和平を仲介してくれるだろう、、と全部甘い期待で結局大失敗を繰り返している。もっと歴史から学びましょうというメッセージで終わる。

    現代に至...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    太平洋戦争が何故起きたのかがとてもよくわかる本。こういうのを読むと、人間ってバカだなと思うし、自分も同じ様にバカな事をしたに違いないと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    ずっしりと読み応えありました。

    とにもかくにも我々は、まともに学校で教えてもらっていないので、聞きかじり、読みかじりであったこれまでの断片的な知識が、ようやくまとまったの感です。

    あくまで半藤さんの視点からでしょうが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月05日

    1番知らなければいけない時代を、30代になって初めて知ったように感じた。
    ただ、この時代の歴史を学生時代に学んでも、消化することが出来ないかも知れない。
    知ってよかった事が沢山あるが、多分周りの人達でも一部の人しか知らないことが多いと思う。
    戦争に向かうまでに色んな組織の考えがあり、国を背負っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    激動の時代とも言える昭和史を分かりやすく説明しており、非常に面白い。張作霖爆殺事件、満州事変、上海事変、五一五事件、二・二六事件、日中戦争、第二次世界大戦と、日本史で学ぶ内容だが、出来事の裏で行われた生なましい会話が本書で紹介されており、日本が大戦へ参加する過程がよく分かる。
    特に面白かった点は以下...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

平凡社ライブラリー の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング