「ユヴァル・ノア・ハラリ」おすすめ作品一覧

「ユヴァル・ノア・ハラリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/09/16更新

ユーザーレビュー

  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    ジャレド・ダイアモンドの大作とかぶるような文明史大観ではあるけれど、人類に焦点を当てたのがポイント。人間社会を統一するための、神話、宗教、道徳律、法律、貨幣。たしかに虚構と言われたらそうだろう。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    価値観を変える一冊でした。

    人類の歴史を科学的事実に基づいて評価し、宗教やイデオロギーなどの虚構を如実に指摘した論理的な見方をしています。まさに人類史版不都合な真実と言える一冊です。

    ただし、人類が行った他の生物の大量虐殺を罪としたり、発明による革命を批判的に語っている部分があり、読んでいると人...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    人類がどうやって誕生して繁栄してきたのかに興味があったので読みたいのは上巻だけだったのだけど、読み進めると下巻のほうがおもしろかった。

    資本主義は利益を再投資しなくてはならないルールなら、たぶん少くとも日本では資本主義のとっかかりくらいまでしか実現できてないよね
    将来を楽観できるようなシステムも平...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    人類誕生から文明の発達、そして現代まで。
    生物学的観点から始まり、国家論や幸福論も交えて人類の発展をひもとき、現代テクノロジーとこれから向かう先への問題を提起する。
    答えのない問題だが、果たして人類はテクノロジーの誘惑と倫理のどちらに傾いていくのだろう。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    平易な文章なので基礎知識がなくても問題ない。真偽ではなく物語として楽しむ本だと感じた。というのも人類史の過去にせよ未来にせよまだ解明しきれておらず、どれも仮説に過ぎないことが強調されているので、この後の研究でいくらでも修正や追加がくるだろうから。

    ホモ(属)・サピエンス(種小名)と他の動物(ホモ・...続きを読む

特集