「ユヴァル・ノア・ハラリ」おすすめ作品一覧

「ユヴァル・ノア・ハラリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/09/16更新

ユーザーレビュー

  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    人類は進歩し、昔に比べて人々は幸せだし、歴史は良い方に向かっているという今までのイメージ。
    それを幸せの定義から問い直し寧ろ狩猟採集民の方が幸福だったのでは?
    という感じで、どんでん返して行くのが気持ちよい。

    サピエンスの想像する力が金、宗教、国家、イデオロギーを生み出し大きな規模で協力し合う事を...続きを読む
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    人類は進歩し、昔に比べて人々は幸せだし、歴史は良い方に向かっているという今までのイメージ。
    それを幸せの定義から問い直し寧ろ狩猟採集民の方が幸福だったのでは?
    という感じで、どんでん返して行くのが気持ちよい。

    サピエンスの想像する力が金、宗教、国家、イデオロギーを生み出し大きな規模で協力し合う事を...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    上下巻合わせて読みました。
    我々、ホモサピエンスが他の人類種より優れ、なぜここまで進化できたのかを、いくつかの「革命」を切り口に語られてる。生物学、歴史学、社会学、多彩な切り口から我々の「革命」を物語っている。

    新しい発見ができたのは上巻の農業革命まで、以降は理解していたことをより深く納得できた感...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福(下)」(ユヴァル・ノア・ハラリ : 柴田裕之 訳)を読んだ。わかりやすい文章と偏りのない論旨。これは良書だよね。柴田裕之氏の翻訳に負うところも多いだろうな。『歴史の選択は人間の利益のためになされるわけではない、ということだ。』(本文より)
    キーワードは幸福。...続きを読む
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福(上)」(ユヴァル・ノア・ハラリ : 柴田裕之 訳)を読んだ。狩猟採集民から農耕民への移行による幸福度の向上という幻想と積み重なる誤算の有り様を紐解いていく内容が新鮮で面白い。「ギョベクリ・テペ」はグラハム・ハンコック氏の本にも出てきたな。

特集