ユヴァル・ノア・ハラリの一覧

「ユヴァル・ノア・ハラリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/12/14更新

ユーザーレビュー

  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    宗教:超人間的な秩序の新報に基づく人間の規範と価値観の制度
    超自然的存在を進行
    苦しみは割愛から生じる→現実をあるがままに経験することが大切

    ナチス:人間性を賛美し、人間という主の絶大な可能性を信じていた
    歴史の選択→人間の利益のためではない
    近代科学が従来の知識の伝統と異なる点
    ①進んで無知を認...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    最後は未来はどうなるかにつなげている。しかしながら、もちろん答えはないので、ヒントにして考えていく。にしても難しいことをわかりやすく書いてるなぁ。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    歴史からなぜ人類(ホモ・サピエンス)が生き残ったかを書いていて興味深い本。単純な読み物としてもこれからの社会を考えるにもおもしろかった。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    読んでいる間、わくわくする気持ちが止まらない。現代社会は決まりごとだらけである。既存のものが当たり前すぎて、違和感など感じない。それを、地球を丸ごと見下ろすような広い視野で、客観的に見ているのがユヴァル・ノア・ハラリ氏だ。彼はとんでもない人物である。本書を読むと世の中の捉え方が変わる。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    進化とは何だろう。
    環境にたいして、より『最適』に順応するよう
    種の特性を変えることだろうか。

    認知革命を経てチカラを手に入れたサピエンス
    その後に『無知』を自覚するサピエンス

    面白いなと思うし、どこかにその先をいく生命体
    があっても不思議では無いよな、と感じた。

特集