「ユヴァル・ノア・ハラリ」おすすめ作品一覧

「ユヴァル・ノア・ハラリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/09/16更新

ユーザーレビュー

  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    ホモ属が生まれたのがおよそ250万年、現世人類ホモ・サピエンスが生まれてたのは20万年前だ。サピエンスはアウストラロピテクスから一直線に進化したのではない。大柄で逞しくサピエンスよりも脳の大きなネアンデルターレンシス、200万年近く生き延びたエレクトス、熱帯に適したソロエンシスやフローレス島で小型化...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    一夫一婦制が人類の歴史では新しいものであり、生物の本能からみるとやや無理がある?という気づきがあり面白かった。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    生徒が絶賛してたので読む。
    たしかに面白い。
    内容もそうですが、
    論理的な文章のお手本のような流れが秀逸。

    どう説明すれば相手が分かるのか。
    適度な具体例や比喩を挟みながら、
    スルスルと話が進む。

    参考になりました。
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    ネアンデルタール人がもっと機知に富んでいたらサピエンスが奴隷もしくは家畜になっていたかも知れません。効率的に統一するために宗教や社会などの虚構が重要なこと、サピエンス(人間)は噂話で発展してきたこと、おもしろいです。
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    <下巻>

    人類の統一に大きな影響を与えた、貨幣・帝国に続いて宗教の話から現代科学、資本主義が人類史上担った役割について語られます。

    そして科学の進歩により生物の創造・操作にまで手を出せるようになった人類が直面する倫理的問題、幸福論的問題を提起し、警鐘を鳴らしています。

    特に主義は妄想であるとい...続きを読む

特集