中西輝政の一覧

「中西輝政」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/10更新

国民の文明史
  • ブラウザ試し読み

新装版 大英帝国衰亡史
  • ブラウザ試し読み

情報亡国の危機
  • ブラウザ試し読み

情報を読む技術
  • ブラウザ試し読み

迫りくる日中冷戦の時代
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 本質を見抜く「考え方」
    1.本を読んでも思考力がついているのかどうかわからなかったので、自分の考え方を見直すために読んでみました。

    2.なぜ考えることが必要なのか、それは世間の情報に惑わされないで行動するためだと思います。そのためには情報を集めたうえでとにかく結論を出すことが大切です。たとえそれが間違いであってもまた修正...続きを読む
  • なぜ国家は衰亡するのか
    日本の在り方を、日本の伝統と歴史に立ち返る事の重要性から解き、その論拠をアングロサクソンの歴史に求めるとは、全く斬新で面白かった。
    これが20年前の著書であり、働き続けてきた今、腹に落ちる。
    サッチャーやレーガンの政策が、誤った自由主義によって日本で解釈されているとは、正にその通り。
  • アメリカ帝国衰亡論・序説
    かつてのアメリカの孤立主義への勘違いが日本にはある。本来は理想主義的なもので決して排他的なものではない。トランプの孤立主義は排他的。

    アメリカは相対的に弱体化し、多極化するが中国も危ない要素が多い。

    イギリスこそ帝国である。

    アメリカとイギリスの経済的観点はかなり近い。

    EU離脱とトランプは...続きを読む
  • 情報亡国の危機 インテリジェンス・リテラシーのすすめ
    日本でのインテリジェンス普及の第一人者である中西教授の本です。
    なぜインテリジェンスが必要なのか、また情報史を歴史を学ぶことが必要なのか、自身のイギリス留学時のエピソードなどを交えて綴られています。
    自身が立ち上げた情報史研究会のポリシーが集約されていると感じました。
    たまに読み返してます。
  • 日本人として知っておきたい「世界激変」の行方
    中国、ロシア、ドイツが手を取り合うというシナリオは考えただけで気分が悪くなる。が、それを考えるのが国際政治なのだろう。今まで読んだことのない話だったので圧倒された。