アメリカ帝国衰亡論・序説

アメリカ帝国衰亡論・序説

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

移民排斥、孤立主義、日本企業批判、新たなる戦争……

トランプの絶叫は、大国の断末魔の悲鳴である。
今こそ日本はこの災いを転じて福となせ。

名著『大英帝国衰亡史』の著者が予言する

これが覇権大国「終わりの始まり」のシナリオだ。
アメリカが自滅するとき、日本はどうすれはいいのだろうか。
名著『大英帝国衰亡史』の著者が予言する、
トランプ・アメリカの「終わりの始まり」とは?

もくじ

プロローグ――覇権国・アメリカの「終わりの始まり」

【衰亡のシナリオ1】 北朝鮮危機に隠されたトランプ・アメリカの「悪あがき」

【衰亡のシナリオ2】 トランプで加速するアメリカ自滅の「三つの大罪」

【衰亡のシナリオ3】 トランプの孤立主義は建国の理念を裏切る

【衰亡のシナリオ4】 アメリカに潜む階層・差別の矛盾を露呈するトランプ

【衰亡のシナリオ5】 失敗した「アメリカ化」とアメリカ・ファーストの行方

【衰亡のシナリオ6】 “グレイト宣言”はもはやグレイトたり得ないアメリカの窮状

【衰亡のシナリオ7】 「パクス・トランピアーナ」の虚妄

【衰亡のシナリオ8】 中ロの圧力に屈し、英とともに「離脱」に向かう罠

エピローグ――アメリカ衰亡の時代に備え、日本の生きる道を考えておくこと

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2017年08月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

アメリカ帝国衰亡論・序説 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    かつてのアメリカの孤立主義への勘違いが日本にはある。本来は理想主義的なもので決して排他的なものではない。トランプの孤立主義は排他的。

    アメリカは相対的に弱体化し、多極化するが中国も危ない要素が多い。

    イギリスこそ帝国である。

    アメリカとイギリスの経済的観点はかなり近い。

    EU離脱とトランプは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月12日

     長いことアメリカに住んでいると、アメリカに根付いている階層意識、階層差別というのが良く見えてくるそうである。自由の国アメリカ、一文無しからでもビックになれるアメリカンドリームというのはどうやらまやかしのようだ。先日渡米したピースの綾部、大丈夫か? 才能うんぬんより、やっぱり日本人ということで見えな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています