加藤陽子の一覧

「加藤陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/08/27更新

ユーザーレビュー

  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    前著「それでも日本人は戦争を選んだ」を読んで、感銘を受け、こちらも拝読しました。
    前著に負けず劣らず、こちらも素晴らしい著書でした。

    史料に基づくこと、その史料についても一面的な見方をしないこと、歴史を考える上で重要なことは何かを教えてくれます。

    内容的には高度なことも含まれるのでしょうが、分か...続きを読む
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    東大で日本近現代史を研究、教える著者が、ある私立中高一貫校の20人ほどに講義した数日間をもとにした本。分かりやすいだけでなく、興味を持って考えるためのヒントが満載。こんな歴史の見方、考察の仕方があると、初めて知った。こういう本を中高生くらいで読んでいたら、もっと興味を持って歴史を勉強できたかも。
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    「中学生、高校生」にしっかりと読んでもらいたい。もちろん、ある程度、経験を積んだ人にも。

    様々な資料から戦争を、戦争に至った経緯をわかりやすく伝えている。加藤教授の語り口調で書かれているため、実際に講義を聞いているようで難しいところも理解しやすい。
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    東大教授の加藤陽子が栄光学園で語る近現代史の特別講義。間違いなく言えるのは、今までこんな本を読んだことはなかったということ。歴史家の深いものの見方に目を見張る。一方、優秀な中高生の柔らかい頭ではなく、いささか、いやだいぶくたびれた中高年の頭にはすいすいと入ってこない部分もある(それだけ中身が充実して...続きを読む
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    国際連盟脱退、三国同盟及び対米開戦という3つの意思決定の背景や経過についての講演と問答。史料の精査を通じ、義務教育で習った歴史とは異なる姿の歴史が現れる(リットン報告書の宥和的側面、大戦後のドイツ牽制という三国同盟の真意、為政者の判断を制約する運動等)。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!