「加藤陽子」おすすめ作品一覧

「加藤陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    中高生を前に進められた講義をもとに著された著作。リットン調査団報告書、日独伊三国軍事同盟締結、日米交渉においてなぜそのような選択を日本がすることになったのかが描かれています。サブタイトルは「歴史を決めた交渉と日本の失敗」。表紙に書かれているのは「「かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と三度、問わ...続きを読む
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    第二次世界大戦、太平洋戦争を冷静に振り返る本。右左でいえば左ということになるだろう。最近は右寄りの歴史修正主義の本が多い気がするので、そういった本を読む前、読んだ後に加藤陽子さんの本読むことは、極端な結論になるのを防ぐ意味で役立つと思う。一次資料に基づいた考えが多いので、その点で信頼性が高い。
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
     大日本帝国はなぜ国際連盟脱退とか、三国同盟とか、対米開戦とか、今からすると一寸先も見えない阿呆な選択をしてきたのかという疑問に対して、史料に丁寧にあたることで「答えよう」というより「考えていこう」という試みである。ただ一つの答えが書いてあるというタイプの本ではない。ゆたかな枝葉がある、得がたい一冊...続きを読む
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    とても面白かった。中高生に話すために、なるべくわかりやすく、でも話のレベルを落とさず、というのがうまくバランスが取れている。わかりやすさというのは話を単純化することではなく、なるべく根源的に話をするということ、なぜその話をするのかを明確化することであるというのも勉強になった。

    個々の事実について門...続きを読む
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    高校生を前にして行なわれた講義を基に著された本。「時々の戦争は、国際関係、地域秩序、当該国家や社会に対していかなる影響を及ぼしたのか、また時々の戦争の前と後でいかなる変化が起きたのか」が本書のテーマと述べられ、歴史学的な視点から明治以降の日本の戦争をメインテーマにして書かれている。

    一見関係のない...続きを読む

特集