加藤陽子の一覧

「加藤陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/11更新

ユーザーレビュー

  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    タイトルにあるように、太平洋戦争に突入するまでの重要な交渉事にスポットを当てて、歴史を紐解いています。①リットン調査団の報告から始まる国際連盟脱退について②日独伊三国同盟について③ハル・野村交渉に始まる日米交渉と、三つの交渉を挙げています。「~これら三つに共通しているのは、これらの案件が日本の近代史...続きを読む
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    日本は戦争に巻き込まれたのではない。戦争を選んだというのが被害者ぶるなというメッセージが良い。今も気づかぬうちに危機が来てるかもしれない。
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    2010/3/5 R25を見て予約、2011/2/1借りる。2/27 読み終わる。
    まず、あとがきから読み始める。
    高校の講義を書籍化ということなので、読みやすい。
    が、内容は深くかつ論理的・客観的、歴史は科学!
    日清戦争から太平洋戦争までを通して 世界的な視野と多くの史料を基に書かれたすばらしい本...続きを読む
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    前作「それでも日本人は戦争を選んだ」に感銘を受けて読んだ。
    真珠湾の「ローズベルト陰謀論」の全面否定は、意外だったが、説得力のある内容だったので、自分の認識を改めた。
    教育の影響は勿論甚大なのだろうが、泥沼の日中戦や勝てる見込みの無い日米戦に民意諸共嵌り込んだ根本原因は、「10万人の英霊と20億円の...続きを読む
  • 戦争の日本近現代史 東大式レッスン! 征韓論から太平洋戦争まで
    以前、同著者の『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読み、他の著作を読んでみたんだけど、この本は前述した本の詳細版と言った内容だった。逆に前述した本が簡易版だったのかもしれないな。
    太平洋戦争までとあるけど、実質的な内容は日清・日露戦争時代がメインでそれよりも後は簡易な内容だったと思う。時代が近け...続きを読む

特集