加藤陽子の一覧

「加藤陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/11更新

ユーザーレビュー

  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    東大教授の加藤陽子が栄光学園で語る近現代史の特別講義。間違いなく言えるのは、今までこんな本を読んだことはなかったということ。歴史家の深いものの見方に目を見張る。一方、優秀な中高生の柔らかい頭ではなく、いささか、いやだいぶくたびれた中高年の頭にはすいすいと入ってこない部分もある(それだけ中身が充実して...続きを読む
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    国際連盟脱退、三国同盟及び対米開戦という3つの意思決定の背景や経過についての講演と問答。史料の精査を通じ、義務教育で習った歴史とは異なる姿の歴史が現れる(リットン報告書の宥和的側面、大戦後のドイツ牽制という三国同盟の真意、為政者の判断を制約する運動等)。
  • 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
    タイトルにあるように、太平洋戦争に突入するまでの重要な交渉事にスポットを当てて、歴史を紐解いています。①リットン調査団の報告から始まる国際連盟脱退について②日独伊三国同盟について③ハル・野村交渉に始まる日米交渉と、三つの交渉を挙げています。「~これら三つに共通しているのは、これらの案件が日本の近代史...続きを読む
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    日本は戦争に巻き込まれたのではない。戦争を選んだというのが被害者ぶるなというメッセージが良い。今も気づかぬうちに危機が来てるかもしれない。
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
    2010/3/5 R25を見て予約、2011/2/1借りる。2/27 読み終わる。
    まず、あとがきから読み始める。
    高校の講義を書籍化ということなので、読みやすい。
    が、内容は深くかつ論理的・客観的、歴史は科学!
    日清戦争から太平洋戦争までを通して 世界的な視野と多くの史料を基に書かれたすばらしい本...続きを読む