一切なりゆき 樹木希林のことば

一切なりゆき 樹木希林のことば

作者名 :
通常価格 866円 (788円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍4,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

芝居の達人、人生の達人──。2018年、惜しくも世を去った名女優・樹木希林が、生と死、演技、男と女について語ったことばの数々を収録。それはユーモアと洞察に満ちた、樹木流生き方のエッセンスです。

〇モノを持たない、買わないという生活は、いいですよ
〇人の人生に、人の命にどれだけ自分が多く添えるか
〇欲や執着があると、それが弱みになって、人がつけこみやすくなる
〇子供は飾りの材料にしないほうがいい
〇アンチエイジングというのもどうかと思います
〇人間でも一回、ダメになった人が好き
〇もう人生、上等じゃないって、いつも思っている
〇女は強くていいんです
〇つつましくて色っぽいというのが女の最高の色気
〇最期は娘に上出来! と言ってもらいたい

【目次】
はじめに
第1章 生きること
第2章 家族のこと
第3章 病のこと、カラダのこと
第4章 仕事のこと
第5章 女のこと、男のこと
第6章 出演作品のこと
喪主代理の挨拶 内田也哉子
樹木希林年譜
出典記事一覧

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
216ページ
電子版発売日
2018年12月20日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

一切なりゆき 樹木希林のことば のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    人の人生に、人の命にどれだけ自分が多く添えるか


    "きようよう(今日用)"があることに感謝しながら

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    「人生なんて自分の思い描いた通りにならなくて当たり前」

    大好きな仕事で挫折したときに読み、自分や人に期待し理想を高くしすぎていた自分に気づきました。
    物事を俯瞰し受け入れている樹木希林さんの言葉は 深いです。

    75年の生涯の中で
    家族を築き、
    芸能の世界で様々な役を演じ、
    病気を経験された樹木希...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    独特の感性を持っておられて、希林さんの言葉はどれも深くて、しっくりきました。
    感じるままに正直に、自由に生きていく姿が魅力的でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    希林さんの楽観的な考え方を読み、決して力んでいなくて、イメージそのままの人だったんだなぁと思いました。
    生きる、死ぬということが楽に感じられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    どこから読んでも樹木希林

    とっても普通な感覚を持った素直な女性のエッセイ、インタビュー集

    ここまで上り詰めてもなお、その感覚を保ち続けられるのは
    ・自身の謙虚さ
    ・客観性
    ・周囲の本物たちとの交流
    あたりがその秘訣か?

    いや、、
    普通と書いたが、、、

    読んでいて受け入れやすいから「普通」とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月07日

    人間でも一回、ダメになった人が好きなんです
    おごらず、他人と比べず、面白がって、平気に生きればいい
    という言葉が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

    読んでいる間ずっと希林さん独特の口調で語りかけっれていて、読み終わった後ははいさようならと人生の幕を閉じられた感じがする本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

     樹木希林さんの著作は、以前も、「この世を生き切る醍醐味」「樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ」を読んでいるので、これが3冊目になります。
     なのでいくつかの有名なエピソードはダブりますが、この本が一番樹木さんの姿が自然の浮かんでくるような気がします。巻末の也哉子さんの「挨拶」も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月23日

    独特の感性を自身の言葉で。

    地上にすぽーんといて、肩の力がすっと抜けて、存在そのものがはっと息を飲むような人間になりたい。
    相当な境地だけど、なんかわかるなー

    おごらず、他人と比べず、面白がって平気に生きればいい。楽しむんじゃなくて、面白がって、ってとこがポイント。

    2020.9.18

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    こんなふうに生きていけたらなぁ…。歯に衣着せぬことを言ってもみんなに愛され、仕事のオファーが絶えない人生。全身ガンに侵されても闘わないでうまく付き合う。相手を傷付けてしまうかもしれない鋭い本音が聴ける本書。でも希林さんが話すとまろやかに聴こえるのはなぜだろう。読み進めるとその理由が垣間見える。“悠木...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

一切なりゆき 樹木希林のことば に関連する特集・キャンペーン