五木寛之の一覧

「五木寛之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:五木寛之(イツキヒロユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1932年09月30日
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部露文科中退。1966年『さらばモスクワ愚連隊』でデビュー。数えきれないほど多数の作品を手がけている。『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞を受賞している。代表作のひとつ『青春の門』は少年時代に住んだ筑豊を舞台に、第七部まで書き継がれる大作となった。最近では『親鸞』上・下で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年2月号

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 新 青春の門 第九部 漂流篇
    ソ連に不法入国した「伊吹信介」、日本で歌手として頑張っている「牧織江」、周りに彩る多彩なキャラクター、、
    読み応え充分の556ページの超大作でしたが、一気読みしました(^◇^;)
    次の本が待ち遠しいです✋
  • 新 青春の門 第九部 漂流篇
    五木寛之さんは1932生まれ。この作品を読み終えてそのバイタリティと情熱にあらためて感動。
    この本を手にして読み始めるま前、いよいよ青春の門も完結だと思い、寂しさと、どのように完結するのかと思いながらページをめくった。信助と織江が交互に出てきて、ロシアが一部舞台になったこともあり、トルストイの戦争と...続きを読む
  • 青年は荒野をめざす
    ヴィレヴァンのポップで紹介されていた「青年は荒野をめざす」
    あのポップを書いてくれた店員さんに感謝です!ありがとう!
  • 親鸞(しんらん)(下) 【五木寛之ノベリスク】
    貴族から庶民のための宗教に移り変わり始めている時の話。
    庶民にもわかりやすく、念仏を唱えればどんな人も救われる。そういう教えなのに、いつの間にか、何をしても念仏さえ唱えればなんとかなるという間違った教えが広まることに。
    新しい事は、いつの時代もなかなか権力のある人には受け入れられず、いつの時代も苦労...続きを読む
  • 親鸞(下) 【五木寛之ノベリスク】
    貴族から庶民のための宗教に移り変わり始めている時の話。
    庶民にもわかりやすく、念仏を唱えればどんな人も救われる。そういう教えなのに、いつの間にか、何をしても念仏さえ唱えればなんとかなるという間違った教えが広まることに。
    新しい事は、いつの時代もなかなか権力のある人には受け入れられず、いつの時代も苦労...続きを読む