かもめのジョナサン【完成版】

かもめのジョナサン【完成版】

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、自分の限界を突破しようとした、かもめのジョナサン。群れから追放された彼は、精神世界の重要さに気づき、見出した真実を仲間に伝える。しかし、ジョナサンが姿を消した後、残された弟子のかもめたちは、彼の神格化を始め、教えは形骸化していく……。新たに加えられた奇跡の最終章。帰ってきた伝説のかもめが自由への扉を開き、あなたを変える!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年12月18日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

かもめのジョナサン【完成版】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    他人が自分勝手に見える、私のことを否定していると、感じることは、実は、自分自身も自己中心的。あの人はジョナサンやなと思っていたが、そんな自身もジョナサン。
    世界側から物事を捉えると、感じ方が変わるのかも。
    と感じた一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月04日

    これはカモメの話ではないですね
    僕の話です。

    食べるために仕事して帰って寝てまた仕事に行って
    いつの間にか食べるだけのために働いてる
    仕事とはそんなことじゃないんじゃないと
    飛ぶことに引っ掛けて伝えようとしてるように思います。

    学ぶことを恐れない
    学ぶことでまた新しい仕事をさせられるんじゃないか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月26日

    今の私の心の在り方にぴったりと寄り添ってくれる作品で大変面白く読みました。オシャレな本なので、若い方が読んでもいいけれど、ある程度の人生経験があって、新しい環境で頑張ろうと思っている方にプレゼントするとよいかなと感じました。日経ウーマンで佐々木俊尚さんがお勧めしていたので、読んでみましたよ。

    読後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月21日

    なるほど、part 3までは筆者が意図したジョナサンの話で、それで完結はしてる。
    話を擬人化させるとしたら、ジョナサンは純粋な研究者で、たしかに彼の研究自体は衣食住に直接関わりを持たない。だからと言って、それを無意味とバッサリ切り捨てれば無味な存在のままになってしまう。ここまででも話は充分面白い。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月12日

    中学生時代の課題図書で読んで以来の、完成版の再読。10代と50代とでは飛び込んで来る文字の解像度も異なり、とても自然にすっと心に物語が溶け込んで来たのは意外だった。完成版では第4章のストーリーがプラスされているが、きっと解釈は各々様々だろう。
    私はこの4章を読んだことで物語がさらに自然に、普遍的にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月07日

    自由にどこまでもはばたくには

    虚栄心や団体意識や心の荷物を持たず

    身軽に焦点を絞り続ける必要があるのかもしれない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    名著だと言われている本を読んでみた。なるほど、なかなかいい本かもと思った。
    ジョナサンをはじめまるで人のような数羽のかもめの生きようが描かれる。私は、若いうちは人に後ろ指をさされようと自分の信じたことに懸命に向き合い、その時期を過ぎれば若さゆえの頑なさやわが身第一という姿勢に変化が生じ、後から来る者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    シンプルだけど生きることの本質が書かれている気がする。禅にも通じる考え。偶像化することも良し悪しあるなと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月04日

    第4章は必要な章だったと思う。
    この物語から教訓や啓発的な何かを読み取ろうとするよりも、まるで人間社会そのままのカモメたちの世界に、単純に没入し追体験した方が読書としては楽しそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月25日

    文学ですが、哲学的に読める一冊ですね。
    しかし、カモメの絵の挿絵が延々と続くページは、個人的に意味を見出せませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています