蒼ざめた馬を見よ
  • ptバック

蒼ざめた馬を見よ

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

247pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ソ連の老作家が書いた痛烈な体制批判の小説。原稿の入手を命じられた
外信部記者の鷹野は、新聞社を離れ、身分を偽ってソ連に潜入する。
運よく手に入った小説は全世界でベストセラーとなり、ソ連は窮地に立つ。
ところが、その裏には驚くべき陰謀があった! ――「蒼ざめた馬を見よ」

東京で神経をすり減らした男は、休暇をとり、友人を頼ってモスクワへ飛んだ。
そこで出会ったウクライナ出身の美女の過去とは。――「赤い広場の女」

バカンスのためブルガリアの首都ソフィアを訪れた商社のパリ駐在員は、
妙な雰囲気を漂わせる日本人夫妻と知り合う。その妻に手を出した男が
寝物語で聞いた二人の関係。――「バルカンの星の下に」

愛する妻、良縁の決まった娘、大学進学を控えた息子に囲まれ、幸せな
生活を送る地方大学の助教授、慎吾。教授昇進も目前に控えていた、
ある日、不気味な電話がかかってきた。
「エラブカから何を持って帰ってきた?」
記憶の深部にきざまれた二十年前の約束がよみがえる。――「夜の斧」

Q商業高校山岳部のパーティー6人は北陸二県の県境で墜落事故を
目撃する。その直後、吹雪で立往生したため、顧問の黒木は救助を求めて
一人、近くの集落を目指すが・・・。――「天使の墓場」

直木賞受賞作の表題作をはじめ、いまなお魅力を失わない初期の5編を
おさめた代表的作品集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年09月30日
紙の本の発売
2006年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

蒼ざめた馬を見よ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月23日

    第56回(1967年)直木賞受賞作。戦後20年ほどの日本と東欧を舞台とした5編の短編集。
    50年近く前の作品だが、先日読んだ『一度は読んでおきたい現代の名短篇』にて表題作が紹介されていたのをキッカケに手にした。
    主人公の行動がとにかく熱い。時代背景もあるが、今読んでも濃い。
    五木寛之の作品というと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    戦後20年ばかりに書かれたものであり、戦争の名残が全体的に残っている。残っているというかそれに常に囚われているという方が近いかもしれない。つまり全体に暗く重い印象が付きまとっている。

    短編集はあまり好きではなかったが、本短編集はそれぞれの作品に何か共通するようなものを感じたし、多くを語らないこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月02日

    直木賞受賞作を含む初期の作品集。どの作品にも影があり、それが奥行きを与えているように思われます。影とは死の予感であったり辛い別れであったり、あるいは暗い過去であったり…。いろんなものを引きずって懸命に生きる人々の物語です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月05日

    戦後のソ連と日本を舞台に5つのストーリー。一つ一つを中編小説で読んでみたくなる設定。結末がどうなったかを読者の想像に委ねる仕上がりに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    直木賞受賞の表題作を含む全5篇を含む短編集です。それら全てに共通していたのは、最後に重たく悲しい事実を読者に突きつけて終わるという手法でした。青春小説である「青年は荒野をめざす」を読んで以来、一度読んで見たいと思ってた小説だったので、それだけに全体的に暗い印象を受けました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています