サンカの民と被差別の世界 ――隠された日本 中国・関東

サンカの民と被差別の世界 ――隠された日本 中国・関東

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
紙の本 [参考] 842円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【著者のことば】私は、隠された歴史のひだを見なければ、“日本人のこころ”を考えたことにはならないと思っています。今回は「家船」漁民という海の漂泊民から「サンカ」という山の漂泊民へ、そして、日本人とは何かという問題まで踏みこむことになりました。それは、これまでに体験したことのなかった新しいことを知り、自分自身も興奮させられる旅でした。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年08月01日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年01月17日

著者が戦後の引揚者であったことはよく知られていいると思うが、朝鮮でどのようなことがあったのかはあまり語られていなかったと記憶している。本書ではその頃、そして引揚後の九州での生活が少し語られている。差別をされていたのだという。その心持ちをアルベール・カミュの「異邦人」の心境になぞられているのは深いなあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月12日

副題は「隠された日本」。日本の歴史を語る上でまず表舞台には上がらない人々に焦点をあてるシリーズ。第1巻では海山に生きた漂泊の民と関東地域の被差別階層の人々を取り上げている。
日本人単一民族論について冒頭でイリュージョンと評しているが、私も知識の上ではそれらがファンタジーであると知っている。だが、民族...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月13日

あまり表には出ることの無い日本の歴史を五木寛之が訪ね歩き、真実をとらえようと試みたノンフィクション。

無性にロマンをかき立てられるサンカ…一説には、三角寛の創作とも言われるのだが、真実は…サンカなどの漂白民が、現代のフリーターに似ており、縛られることの不自由という著者の考えには納得出来る。また、漂...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月31日

 人種差別という言葉、普通に生活していれば聞かない言葉だ。
 その言葉を聞くと、自分とは関係のない、むしろ宗教に似たいかがわしさを感じる。

 しかし、かつて戸籍に登録されない人たちが日本には存在していた。

 海の上、船で一生を終える「家船(えぶね)」
 山の中で移動しながら生きていた「山咼(さん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play