雨の日には車をみがいて

雨の日には車をみがいて

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ビートルズが東京へやって来た日、放送作家の卵だったぼくは、1台のオンボロ車、シムカ1000を手に入れたが、その代償のように1人の女友達を失う(第1話「たそがれ色のシムカ」)。アルファ・ロメオ、ボルボ122S、BMW2000CS、ポルシェ911S……。それぞれの車に素敵な女性との出逢いと別れをからめて、リリカルに描く青春恋愛小説の名作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

雨の日には車をみがいて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    何度読んでも

    オリトリトン 2021年05月28日

    三十年ぐらい前に、友人にもらって良かったので、また他の友人に薦めてあげた本。懐かしくて電子書籍で買いました。五木ひろゆきさんの本の表現は、とても心に染みて美しい情景と心の描写が素晴らしいので、何度読んでも良いです。若い頃には知らなかった事が今読むとすぐに分かる物があって自分も成長したんだなぁと感じま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月23日

    心に響いたり何かを残したりする内容では決してないのですが、読んでいて心地良くおもしろいのでつい何度も(と言っても数年に一度ですが)読み返してしまう小説です。時代はだいぶ古いですし車好きでもありませんが今読んでもおもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    五木寛之さんには珍しい作品。
    恋と車は青春の象徴のようなもの。「2CV」が雪の坂道を登って行く姿はなんとも言いがたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月14日

    「雨の日に車をみがく」、いかにも車好きって感じですね(^-^)五木寛之さんが車にいかに凝っていたかがよ~くわかります(^-^) 車と恋人の小気味よい短編集です。私もたまには洗車しなくては(^-^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月21日

    ひとつひとつが短編になってて読みやすいけど、全部がつながってる。車に詳しくない私には、実際のところ主人公がどんな外観の車に乗ってるかがわからなかったけど、全てに物語があるんだなというのは、わかった。車好きな人にはオススメの一冊。そのときに乗っていた車には、きっと思い入れと思い出があるはずだから。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング