江戸のいちばん長い日 彰義隊始末記

江戸のいちばん長い日 彰義隊始末記

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

わずか半日の戦争が、日本の近代史を変えた!

今年は明治維新から150年。ということは江戸城の無血開城から150年。
すなわち、1868年の旧暦5月15日、江戸で行われた最初で最後の戦争、彰義隊の戦い(上野戦争)から150年ということなのです。

「勝海舟と西郷隆盛の頂上会談により江戸城総攻撃が回避された」
明治維新といえば巷間、そう伝えられています。しかし実際は江戸城が炎上しても不思議ではありませんでした。
くすぶる幕臣の不満、深まる新政府と幕府側の対立、勝海舟と息づまる西郷の駆け引き……。

幕臣の不満分子が、それぞれの思惑を抱きつつ彰義隊を結成。
江戸っ子も彼らを支持しました。
そして東京・上野の寛永寺で、彰義隊と新政府が激突。戦場はじつに悲惨なものでした。

わずか半日で勝負はつきましたが、ここで新政府が武力を見せつけたことで、徳川家の静岡移封が実現するなど、その影響は多大なものでした。

慶喜が大阪から逃げ返ったときから始まり、敗れた隊士の後半生までを、資料や同時代を生きた渋沢栄一や高村光雲などの目を通して、生き生きと描きます。

【目次】
1章.徳川慶喜、江戸に逃げ帰る~戊辰戦争のはじまり
朝敵に転落した徳川家/慶喜、寛永寺に入る
2章.彰義隊結成~徳川家代表勝海舟の登場
一枚岩ではなかった幕臣たち/彰義隊誕生/開戦迫る江戸
3章.薄氷の江戸城無血開城~新政府軍参謀西郷隆盛の苦衷
彰義隊、寛永寺へ/徳川家陸軍将兵の大脱走はじまる/江戸開城と彰義隊の分裂
4章.江戸で孤立する新政府~彰義隊人気の高まり
彰義隊人気の背景/江戸城返還を求める徳川家/西郷に向けられる不満/江戸城返還せず
5章.彰義隊壊滅~峠を越えた戊辰戦争
戦争迫る/寛永寺炎上/敗残兵の行方/徳川家、駿河移封
6章.明治を生きた彰義隊士~上野公園の西郷銅像
維新後の彰義隊士/上野公園の誕生と西郷銅像の建設/彰義隊の鎮魂

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年04月20日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

江戸のいちばん長い日 彰義隊始末記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月01日

    著者は、上野・寛永寺での彰義隊の戦いは、勝海舟と西郷隆盛の頂上会談による江戸城無血開城の陰に隠れてしまっているが、歴史上如何に意義のある戦いであったかを述べている。

    だが時代は既に回転し、徳川慶喜は水戸に蟄居し、江戸城は無血開城した後での、わずか半日の戦い、しかもそれほど組織的な抵抗でもない戦いの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています