内田樹の一覧

「内田樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:内田樹(ウチダタツル)
  • 生年月日:1950年09月30日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授

東京大学文学部卒。『街場の共同体論』などの作品を手がける。

無料作品コーナー

作品一覧

2019/12/06更新

ユーザーレビュー

  • 街場のアメリカ論
    こんなアメリカ論を、大学の授業で聞いてみたかった。様々な視点から、アメリカがなぜこのような国になったのかを論じていて面白い。
    「日本人は従者の呪いにかけられており、アメリカ人に対して倫理的になることができない。」という病識を持つことが、未熟から成熟へ移行していく上で欠かせないことを気づかせてくれる。...続きを読む
  • 先生はえらい
    自分が先入観にとらわれている事に気付かせられた。一冊かけて筆者は「先生」「コミュニケーション」についての凝り固まった考え方を解いてくれた気がする。
    謎に対する考え方は十人十色で皆違っていいと思えた。
  • 寝ながら学べる構造主義
    名著としてこの本は名高い。以前から気になっていたところ、読んでみて深い知見に感動した。この本の引用(下記参照)の多さから、新しいことをかなり多く学んだし、既知の知識も整理された。しかもその内容も著者の力が無ければ、わからないままでいたであろうことについて、わかりやすく読み進められた。次に下記の引用箇...続きを読む
  • 日本の覚醒のために
    氏から学んだことは、知を自分なりにマッピングする能力だ。自分が知っていることよりも、何を知らないかの重要性を学んだ。なぜならこの能力があれば、困難な今の時代を、生き残ることが出来るからだ。

    沢山本を読めば良いというわけでない。
    自分で自分自身に対して、問題提起をしなくてはならない。その過程で、他者...続きを読む
  • 寝ながら学べる構造主義
    #寝ながら学べる構造主義 #内田樹 著 #文春新書
    
    現代思想がとてつもなく分かりやすくかつ面白く書かれている。ただ、まえがきにも書いてあるが「簡単」ではない。「寝ながら」は厳しいやんっいう...(笑) まあ面白いから許すけど! 読んでいてて #サピエンス全史 に似ているなと思ったら構造主義と人...続きを読む