「内田樹」おすすめ作品一覧

「内田樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:内田樹(ウチダタツル)
  • 生年月日:1950年09月30日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授

東京大学文学部卒。『街場の共同体論』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
    内田樹の下流志向を読みました。
    学ばない子どもたち、働かない若者たち、というサブタイトルがついた若者論でした。

    現在問題になっている小学校の学級崩壊や若者のニート問題が、子どもたちが育つ過程で「等価交換」があたりまえになっていることが原因であると考察しています。
    子どもたちが育つ過程で賢い消費者で...続きを読む
  • 困難な結婚
    本屋タイトル(‪@Title_books ‬)さんのツイッターでオススメされていた本。

    タイトルとは裏腹に内田さんいわく、読み終わったあと、結婚したくなるような本にしたかったんだとか。

    耳を塞ぎたくなるような(本だから目を閉じたくなるような?)ことも盛りだくさん書かれていて、正直心から自信を持っ...続きを読む
  • ぼくらの身体修行論
    付箋を貼りまくって何度も読みたくなるような本。
    こういうの、スポーツで子供をどにかしようと思っている親御さんに、
    今!読んでほしいと思う。

    合気道の内田さんと、ラグビー日本代表だった平尾さんとの体をめぐる話。
    2007年の対談と2014年の対談。
    19年間のラグビー生活の中で得た経験を言葉に落とし...続きを読む
  • 竹と樹のマンガ文化論(小学館新書)
    竹宮さんが大学の学長になって学校で漫画を教えているとは知りませんでした。
    しゃべりすぎる内田さんとの対談は刺激がたっぷり。
    内田さんによる「ボーイズラブ漫画は少女漫画家のアンチアメリカ(仮)説」は
    頭でっかちというか、きれいにつじつま合わせてる分だけ鼻息荒過ぎというか。
    でも竹宮さんの話で、実際はわ...続きを読む
  • 下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
    複数再読。何度読んでも新たな発見がある、ちょっとした古典になるんじゃないかと思う本。著者作品にありがちなブログの寄せ集めでもなく、論旨が一貫している。
    この本の次に言えることは、消費者マインドに付け加えて、投資家マインドということも考えるべきだと思う。レバレッジを利かせ、最大限の効果を引き出そうとす...続きを読む

特集