「講談社文庫」おすすめ作品一覧

「講談社文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

【毎月更新】講談社 なないろ文庫

「講談社 なないろ文庫」と題して、毎月テーマに沿った名作の講談社文庫をご紹介していきます。12月のテーマは「働く人」。対象作品が20%OFF!【12/28(金)~1/31(木)】
※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

今月のテーマ「働く人」

12月のテーマ「スポーツ」

11月のテーマ「再会の物語」

10月のテーマ「悲しい恋の本」

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2019/01/18更新

1/25入荷
モンテ=クリスト伯(1)
購入予約
1/25入荷
ふしぎの国のアリス
購入予約
1/25入荷
梅は匂い 人はこころ
購入予約
1/25入荷
黄金峡
702円(税込)
購入予約
1/25入荷
外食王の飢え
702円(税込)
購入予約
1/25入荷
現代スパイ物語
648円(税込)
購入予約
1/25入荷
小説円投機
540円(税込)
購入予約
1/25入荷
亡命ロマンス特急
648円(税込)
購入予約
1/25入荷
モスクワ特急
648円(税込)
購入予約
1/25入荷
黒衣の映画祭
702円(税込)
購入予約
1/25入荷
運ばれた危険
1026円(税込)
購入予約
1/25入荷
アラビア遊牧民
648円(税込)
購入予約
1/25入荷
旅立ちの記(下)
702円(税込)
購入予約
1/25入荷
小説 小林一三(下)
648円(税込)
購入予約
1/25入荷
彼女の夕暮れの街
756円(税込)
購入予約

「講談社文庫」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • カシオペアの丘で(下)
    人は死に直面した時、何を考え何を求め何を祈るのか。「憎しみ続けて生きるのは寂しい」「人は誰もが人を傷つけ、許されたいと願うもも」といった言葉が胸に突き刺さる。主人公やその祖父、家族、周りの幼馴染や知り合った人々にも、少しずつ変化が訪れる。それでも、遺された人たちは、日々の日常を生き続けなければならな...続きを読む
  • カシオペアの丘で(下)
    人は死に直面した時、何を考え何を求め何を祈るのか。「憎しみ続けて生きるのは寂しい」「人は誰もが人を傷つけ、許されたいと願うもも」といった言葉が胸に突き刺さる。主人公やその祖父、家族、周りの幼馴染や知り合った人々にも、少しずつ変化が訪れる。それでも、遺された人たちは、日々の日常を生き続けなければならな...続きを読む
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道の炭鉱町で生まれ育った同級生の4人。その一人が、主人公。39歳で東京在住のサラリーマンで妻と小学4年生の息子あり。ある日、がん告知され余命数ヶ月。一方、北海道の炭鉱町で閉園間近の遊園地を旅行で訪れた親子の娘が、東京で殺害される。
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道の炭鉱町で生まれ育った同級生の4人。その一人が、主人公。39歳で東京在住のサラリーマンで妻と小学4年生の息子あり。ある日、がん告知され余命数ヶ月。一方、北海道の炭鉱町で閉園間近の遊園地を旅行で訪れた親子の娘が、東京で殺害される。
  • カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
    私はとても好きな本だった。
    ストーリーも登場人物も伏線の回収も良かった。
    ほっこりしたり、感動したり、緊張感漂ったり、驚いたりと、飽きることなく読めた。
    かつ、読んだ後の爽快な気持ちも好き。
    最後にみんながやり直して生きていくところとか。

    一冊の小説で爽快な物語をみたような、マジックをみたような、...続きを読む

特集