空の境界(上)
  • 値引き

空の境界(上)

作者名 :
値引き価格 539円 (490円+税) 10月28日まで
通常価格 770円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

2年間の昏睡から目覚めた両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存在している……! もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
空の境界シリーズ
ページ数
346ページ
電子版発売日
2011年07月01日
紙の本の発売
2007年11月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

空の境界(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    (再読)TV放映が始まったのでそれにともない再読。
    一度目→映画→今回の再読で、以前は分かりにくく感じていたところもだいぶ理解できた。
    アニメはよく映像化されてたように思ってたけれど、アニメ用に様々なアレンジがされてたんだなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月07日

    奈須きのこの良さがよく伝わる作品でした。
    気持ちの描写などがとてもリアルで景色などもありありと想像することができました。
    早く2巻がみたくて勉強が手につきませんf^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    こういうタイプの小説を初めて読んだ。
    泣きました。
    なんかすごく人間臭くて感動します。
    人の汚れた部分なんだけど、そこが綺麗に見えたりします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月21日

    中二全開のライトなノベル

    小難しい、回りくどい「きのこ口調」にキュンと来れるかどうかで評価が分かれると思います

    私は大好きです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    以前ノベルス版でも読んだのですが、改訂とかあるらしいので読んでみました。
    上巻は俯瞰風景、殺人考察(前)、痛覚残留の3編です。
    プロットそのものには変更は無い模様。
    文庫化したからなのか、文字は大きくなった感じです。
    一度読んだものではありますが、やっぱり面白いですね。
    世界観が非常にいい感じです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    なんだろう。良い中二病というか、不思議な感覚がする本。2001年、確かに彼の本は書店に並んでいたような記憶がある。ただ、当時は何か青臭い気がして読めなかった。今となっては形月の影響ですごく神格化されているけど、ちゃんと読むとあのとき流行った理由も頷けるというか。なんか、オカルトっぽいものの下地があっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    10年くらい前にアニメを見て、人物達の会話が難解で何を言ってるのかさっぱりわからん状態でした。どんな話だったかもろくに覚えていない。とにかく絵が綺麗でアクションもかっこよくて夜、街の描写が鮮烈でスタイリッシュだったという印象が残っていた。今回初めて小説を読んでみてアニメの演出は素晴らしくきっと最適解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月06日

    現代オカルトファンタジー。一度は奈須先生の文章を読んでみたかったので。殺人狂の式と、それに惚れている黒桐が中心に話が進む。霊、魔術、超能力とオカルトめいた話と、人格障害、無痛症などのリアルな話が良い配分で、フィクションだが違和感を感じづらい。最初は文章の言い回しが少しくどく感じたが、慣れてくると味に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月23日

    直死の魔眼を持った少女とそれを見守る(?)青年の話。アニメを見てからのほうが流れがわかりやすいかなあとは思う、時系列が入れ替わっているので多少わかりにくい。
    話のメッセージ性が高いというよりは(まああるのだが)かっこいい、という感想のほうが先に出る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    俯瞰風景
    殺人考察・前
    痛覚残留
    アニメ見てからの原作読もう!でしたので、二度おいしかったです。
    綾辻行人氏も言っているが、何せカッコイイ!小説です。
    ・死が視える眼を持つヒロイン
    ・(私的には)イかれてる(と思う)詩人みたいな名前の友人?
    ・人形師で魔術師の社長?
    ・飛び降り連続自殺(飛/浮/墜)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

空の境界 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 空の境界(上)
    値引き
    539円(税込)
    2年間の昏睡から目覚めた両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存在している……! もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。
  • 空の境界(中)
    値引き
    677円(税込)
    “根源の渦を目指す孤高の魔術師・荒耶宗蓮が張り巡らした、死そのものを体現化する太極の結界。あらゆるモノの死を視ることのできる両儀式の“直死の魔眼”は、この絶無の結界を打ち破れるのか――!? もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。
  • 空の境界(下)
    値引き
    708円(税込)
    両儀式とその友人・黒桐幹也の前に再来する殺人鬼。忌まわしい邂逅が、式を苛む“殺人衝動”を加速させていく。式と幹也の赴く果てに、真実を告げる記憶の“境界”は開かれるのか――!? もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。

空の境界 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング