「朝井リョウ」おすすめ作品一覧

「朝井リョウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朝井リョウ(アサイリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1989年05月31日
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

早稲田大学文化構想学部卒。2009年『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。映画化もされた。『何者』で第148回直木三十五賞受賞、直木賞史上初の平成生まれの受賞者となる。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。その他著作に『もういちど生まれる』、『少女は卒業しない』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/19更新

ユーザーレビュー

  • 何者
    ただの就活小説ではない。暴走する自意識、何者にもなれない哀れな観察者、現実を見て歩む者の3者が織りなす壮絶な人間ドラマ。最高。
  • 何者
    表では、人に対して義理を立てるが、人間の底意地の悪さをうまく書いた本。
    よくいる痛い人に対しての批判が、的確で面白い。
  • 何者
    書いといてなんだが、誰のレビューも見ずに読んでほしい。小説の半ばを過ぎた辺りから、読み手の立場が逆転することがあるかもしれない。それがこの本の一番面白いところ。

    この小説は、まだ誰もはっきりと言葉にしてない現代の闇に一石を投じたような作品。なんでも炎上しちゃう今のご時世にどこかモヤモヤしていました...続きを読む
  • 武道館
    芸能界の光と闇、アイドルの存在意義が示されることで逆照射されるのは、私たち自身の価値観や欲望に他ならない。私たちがどうしようもなく関っている奇妙な社会のありさまを、最も忠実に描写してくれる一冊だと信じている。
  • スペードの3
    朝井リョウさん独特の、爆弾のような仕掛けがあり展開に飽きずに読めました。
    ああいるよなあ、クラスや仕事場にこういう人…という感じ。
    憧れの人や、人気者のうざーい感じが描写されていますが、何もない人はこれから起こりうる不幸を勘づいてないだけで、気付かないとそのまま人生を終えると勘違いしてしまいがち。
    ...続きを読む

特集