時をかけるゆとり

時をかけるゆとり

作者名 :
通常価格 589円 (税込)
紙の本 [参考] 626円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

最大70%OFF☆続・カドカワ祭 ゴールデン!

作品内容

就職活動生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。初のエッセイ集では天与の観察眼を縦横無尽に駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。『学生時代にやらなくてもいい20のこと』に社会人篇を追加・加筆し改題。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
266ページ
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB

「時をかけるゆとり」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月01日

文句なしに面白い。電車内で読みながら笑ってしまって困るほどの本はなかなかない。もう一度大学時代に戻りたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月18日

朝井リョウ・・・( ー`дー´)ヤルナ…。ど~して、何かヤル前にそれが非常に困難で大して重要でない事に気付かない?(笑)っっとに!面白かった!台風引きこもりの1日が笑いでイッパイだった♪因みに朝井リョウ作品はエッセイ以外、読んだことがありません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月02日

しょうもなさで溢れたエッセイ(褒めてる)。
読み終わった後に、笑顔とちょっとの切なさが残る、そんな珠玉の一冊。好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月02日

さすがさくらももこを尊敬しているだけあり、とても面白い文体で電車で読んでいてもニヤニヤしてしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月20日

同じゆとり世代として、身近で笑えて笑えない話ばかりで大変楽しい読書体験でした。圧倒的、良書。朝井リョウさんの作品で初めて読んだのがこの本で良かったのかは謎でありますが笑

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「時をかけるゆとり」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!