「井上ひさし」おすすめ作品一覧

  • 作者名:井上ひさし(イノウエヒサシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1934年11月17日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

上智大学仏語科卒。『吉里吉里人』で第2回日本SF大賞、第33回読売文学賞(小説部門)、第13回星雲賞(日本長編部門)を受賞。『ドン松五郎の生活』がTVアニメ化、実写映画化された。『ブンとフン』、『グロウブ号の冒険 附ユートピア諸島航海記』、『野球盲導犬チビの告白』など多数の作品を手がける。

作品一覧

2017/04/14更新

受賞作品

吉里吉里人(上)
853円(税込)
しみじみ日本・乃木大将
道元の冒険
583円(税込)
太鼓たたいて笛ふいて

ユーザーレビュー

  • 東慶寺花だより

    ストーリー・テラー井上ひさしの本領発揮、人情もの時代小説。夫婦やその他の人情の機微に、泣かされたり膝を打ったり。
    井上ひさし本人による、巻末特別収録も読む価値あり…というか保存版です。

    Posted by ブクログ

  • 井上ひさしの読書眼鏡

    井上ひさしは 日本語が好きな日本人だなと読みながら思った。
    辞書が、睡眠薬という言葉から、活字中毒者の症状がでている。
    たぶん 辞書を読んだら イメージがわいてきて 眠れなかったのではないか。
    物知りの話には飽きてしまう。
    未来を見据え、英知をつくり出せる真の知者が思いのほかに少ないという指摘は強烈...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 父と暮せば

    こまつ座で舞台になっている他、宮沢りえ主演で映画化されたり、人形劇団むすび座で人形劇化されている。
    戯曲は読みづらいというイメージがあったけれど、映画を見てから読んだということもあってかとても読みやすかったし、おとったんと美津江の身に起こったことや、二人の思い、美津江が心を揺らしながらも一歩一歩前に...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集