井上ひさしの一覧

「井上ひさし」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井上ひさし(イノウエヒサシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1934年11月17日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

上智大学仏語科卒。『吉里吉里人』で第2回日本SF大賞、第33回読売文学賞(小説部門)、第13回星雲賞(日本長編部門)を受賞。『ドン松五郎の生活』がTVアニメ化、実写映画化された。『ブンとフン』、『グロウブ号の冒険 附ユートピア諸島航海記』、『野球盲導犬チビの告白』など多数の作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/06/29更新

下駄の上の卵
  • ブラウザ試し読み

言語小説集
  • ブラウザ試し読み

國語元年
  • ブラウザ試し読み

コメの話
  • ブラウザ試し読み

私家版 日本語文法
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 父と暮せば
    ちょうど去年の秋、長崎の原爆資料館にいったことを思い出した。この物語の舞台は広島だが、原爆という共通点がある。
    私が話を聞いた被爆者は88歳。当時は小学生で、被爆者の中では比較的若い方だった。その方ですらこの年齢。静かに、緩やかに生の体験を話せる人がいなくなる状況に恐ろしさと悲しみを覚えたことが記憶...続きを読む
  • モッキンポット師の後始末
    俺に読書の面白さを教えてくれた一冊です。

    井上ひさしが、大学時代のエピソードを元に
    作られた作品らしいが、本当に面白くて、
    一気に読める(笑)

    三人の貧乏学生が、色々やらかして、
    モッキンポット師を怒らせたりするんだけど、
    そのやり取りがすっごく面白くてね(笑)

    今から30年前に、当時読書なん...続きを読む
  • 父と暮せば
    終戦から3年経った広島。被爆した娘と原爆で亡くなった父のやりとりで進む、舞台台本。
    まず、前口上で原爆に対する作者の思いが、短いが力強く書いてあり印象的だった。
    原爆で一人生き延びた自分は幸せになってはいけないと思う主人公が恋をする。心に蓋をし、相手を遠ざけようとする娘を「応援団長」として現れる亡く...続きを読む
  • 私家版 日本語文法
    軽妙洒脱な語り口だが、内容は重厚なのはさすが。言葉について色々思うところがあったが、なんとなく同じことを考えている人がいるんだなぁと同意するところ多し。昭和56(1981)年に出版されたものだが、古くならない。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    なぜ憲法改正なのか。

    本当に日本国憲法は時代にそぐわない黴の生えた代物なのか。
    本当に日本国憲法では日本人は主権者としてのアイデンティティを確立できないのか。

    あらためてそういうことを考えさせらえれました。