井上ひさしの一覧

「井上ひさし」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井上ひさし(イノウエヒサシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1934年11月17日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

上智大学仏語科卒。『吉里吉里人』で第2回日本SF大賞、第33回読売文学賞(小説部門)、第13回星雲賞(日本長編部門)を受賞。『ドン松五郎の生活』がTVアニメ化、実写映画化された。『ブンとフン』、『グロウブ号の冒険 附ユートピア諸島航海記』、『野球盲導犬チビの告白』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/14更新

浅草鳥越あずま床
  • ブラウザ試し読み

兄おとうと
  • ブラウザ試し読み

雨
  • ブラウザ試し読み

一週間
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • モッキンポット師の後始末
    この作品、何が面白いのかわからないけれど、どんどん読み進んでしまうこともなく、ゆっくりゆっくりの読み方だったけれど、何だかじんわりと面白い作品でした。
    とてつもなく大っきい人物のモッキンポット氏にまたまたとてつもなく破天荒な3人の学生が反応していく、光合成みたいな力の出るお話でした。
  • 父と暮せば
    技巧に舌を巻きつつ、それ以上に、題材たる広島の重みを感じざるを得ない。
    中学生が読むのは良いことね。
  • 他人の血
    1☆か5☆か散々悩みました。一番の疑問は、この本は女の人にとっても面白いのだろうか?という疑問です。
    次から次へと他人の〇〇が出てきて、そしてその持ち主は揃いも揃って死んでしまうのです。それはもう軽く楽しく、あっけなく。
    一度親しい女の子に読ませてみたい作品です。でも、ひっぱたかれそうな...続きを読む
  • 父と暮せば
    幸せになりたいと思う心幸せになっては申し訳ないと思う心。死んだ父親が恋の応援団として現れ、娘を勇気づける。
    ヒロシマの多分当時の人の感情をよく文にしてくれたと思います。
    救いがある物語。こうでなくてはならない。
  • 父と暮せば
    母に薦められて読んだ本。
    全く何の知識もなく読み始めて、まえがきで原爆のことなのだとわかり、覚悟して読む。
    読みながら、思いがけず3.11の津波のことを考えた。津波の後、この作品の父と娘の別れの回想と同じような体験談を読み、胸がえぐられた。全編通して、とても辛いのだけど、父の思いが前を向いていて、救...続きを読む

特集