父と暮せば

父と暮せば

作者名 :
通常価格 399円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない――。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB

「父と暮せば」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月05日

有名な作品なので、タイトルと「広島の原爆」の話だというのは知っていたが、
どうしても「原爆」というテーマが重すぎて今まで手が出せなかった一冊。
でも、実際に読んでみると「原爆で生き残った娘と恋の応援団長の父(亡き人)」の話だった。後味も良く、「これは、読まず嫌いだった」と反省。
現代でも、悲しいけれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月15日

技巧に舌を巻きつつ、それ以上に、題材たる広島の重みを感じざるを得ない。
中学生が読むのは良いことね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月02日

幸せになりたいと思う心幸せになっては申し訳ないと思う心。死んだ父親が恋の応援団として現れ、娘を勇気づける。
ヒロシマの多分当時の人の感情をよく文にしてくれたと思います。
救いがある物語。こうでなくてはならない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月12日

母に薦められて読んだ本。
全く何の知識もなく読み始めて、まえがきで原爆のことなのだとわかり、覚悟して読む。
読みながら、思いがけず3.11の津波のことを考えた。津波の後、この作品の父と娘の別れの回想と同じような体験談を読み、胸がえぐられた。全編通して、とても辛いのだけど、父の思いが前を向いていて、救...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月10日

最近、夢中になっている井上ひさし。
悲しいが、優しい救済の物語。こうでないと救えない心がたくさんある。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「父と暮せば」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!