高田崇史の一覧

「高田崇史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高田崇史(タカダタカフミ)
  • 生年月日:1958年12月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

明治薬科大学薬学部卒。1998年『QED 百人一首の呪』でデビュー。代表作『鬼神伝』はアニメ映画化されている。他に『QEDシリーズ』、『カンナシリーズ』、『クリスマス緊急指令?きよしこの夜、事件は起こる!?』などの作品を手がける。

作品一覧

2022/05/13更新

ユーザーレビュー

  • 源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義
    他の作品の場合は、現実世界ではで殺人事件が発生して、それに伴って歴史の謎が解明されていくが、本シリーズでは歴史の謎とフィールドワークしか出てこない。
    だがそれが良い。歴史に集中出来て面白さを堪能できる。源平の戦いがよく分かった気になれる。
    池禅尼が頼朝の除名をした理由や義経が怨霊化して居ない理由、鵯...続きを読む
  • QED 神鹿の棺
    シリーズを通しての登場人物の皆さんもそろそろ不惑という齢になったのですね。自虐的に語られる事件体質というか巻き込まれ体質というか、これまで随分と陰惨な場面に遭遇してきたものだと思います。PTSDが心配になりますが、たぶんタタルさんの強烈な個性が、PTSDなど近寄らせる隙を作らないのでしょうね。
    猿田...続きを読む
  • QED 源氏の神霊
    大好きなQEDシリーズの最新作。奈々さんや小松崎、祟さんなどお馴染みの名前を見るとあっという間にQEDの世界にワープする。長いシリーズで形作られてきた世界観がとても好きなので今回も楽しく、そして読み終えてしまうのが惜しい気持ちで読んだ。訪れたことのある京都や宇治、瀬田は景色が目に浮かぶようだったし、...続きを読む
  • 読んで旅する鎌倉時代
    「13人」の小説家が「鎌倉」時代について書いた作品集。どの作品も面白いし、最新研究や資料を読み込まれている感じがして、興味もそそられる。
    この本片手に鎌倉を歩きたい。
  • QED 源氏の神霊

    いつもながら

    いつもながら崇の歴史に対する熱量がスゴイです。安徳天皇、木曾義仲、源頼政に対する解釈が一般的なものとはまるで違っていて、また、とても説得力のある説で、とても興味深いものでした。それにしても、崇の歴史学者に対しても自分の説を披露していく態度と度胸と自信はすごいものです。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!