「井上真偽」おすすめ作品一覧

「井上真偽」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

井上真偽『探偵が早すぎる』TVドラマ化記念フェア

滝藤賢一&広瀬アリスW主演『探偵が早すぎる』TVドラマ化記念!原作小説ほか井上真偽作品が30%OFF!【7/13(金)~7/26(木)】
※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた
    面白い(笑えるという意味で)。一気に読んだ。前作よりもずっと読みやすくなっている。犯行可能性のパターンが表になってたり、いきなり図がでてきたり、ややこしい理論を理解できないアホの子に賢いキャラがざっくり説明してくれる描写があったりのイージーモードなので、ますます漫画チック。普段ミステリを(むしろ小説...続きを読む
  • 探偵が早すぎる (下)
    下巻は、特に最終章は怒涛の展開、冗談みたいなものを含む、壮絶な数の企みが展開されます。いくところまで行ってしまって、続編は難しいだろうな。本書の枠組み(事件発生前に解決する探偵)は興味深いのだけれど、何か物足りなさが残るのは何故だろう。
  • 探偵が早すぎる (上)
    ライトなレーベルらしい軽快な展開。各話のトリックもほほーという感じで楽しめました。下巻はややこしいことになりそうな感じ。ついていけるかな?
  • その可能性はすでに考えた
    今まで読んだミステリーにはない形ですごく新鮮で面白かった。でも、結構トリックが手が込んだものもあったのでもっと地図とか図とかが充実してたら嬉しかったかも。
  • 謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー
    館をテーマにしたミステリアンソロジー。さまざまな読み心地だけれど、どの作品に登場する館も魅力的です。
    お気に入りは恩田陸「麦の海に浮かぶ檻」。やはり大好きなあのシリーズ路線なので。この雰囲気がたまらなく素敵です。
    井上真偽「囚人館の殺人」も凄かった! オカルト路線かと思いきや、最後まで読むとしっかり...続きを読む

特集