知野みさきの一覧

「知野みさき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/08/08更新

ユーザーレビュー

  • 深川二幸堂 菓子こよみ
    光太郎と孝次郎。兄弟の人柄が清々しくて、心温まる。
    孝次郎が作り出す菓子は全部美味しそう。
    暁音やお七さん、みんな愛すべき人たち。
    とても楽しかった。続きを読みたい。
    江戸時代は火事が多く、彼らのような思いをした人もたくさんいただろう。
    辛い記憶となっていたできごとが、最後には救われて、なんとも爽や...続きを読む
  • 落ちぬ椿~上絵師 律の似面絵帖~
    時代物は身構えがちになってしまうけれど、これはとても読みやすかったです。
    亡くなった父親の仕事を受け継ぎ、上絵師になる律ですが、父親の技術力には及ばず、弟と二人、細々と小さな仕事を請け負って暮らしています。そんな律に似面絵を描く機会が訪れ、似面絵で才能開花します。
    貧しいながらも実直に生きている律に...続きを読む
  • 鈴の神さま

    素晴らしい

    書店で立ち読みし、あまりの内容の良さにハードカバー版を買いました。何回読んでも飽きない、その後の話も知りたいと思わせる一冊です。いつでも読めるように電子版を買いました。初めて読むような新鮮さと懐かしさで大事に大事に読みたいと思います。
  • 鈴の神さま
    連作短編、5篇。物語の主人公達の目の前に姿を現す『鈴の神様』の安那様がめっちゃ可愛いです。他の作品でもそうでしたが、この著者さんの描く無邪気な子ども(人外?が多め)は可愛くて癒されます。そして、安那様(神様)とそれが視える人々の交流も素敵です。どの話も良かったですが、特に1話目と最終話での冬弥と安那...続きを読む
  • 駆ける百合~上絵師 律の似面絵帖~
    祝言が終え、睦み合う二人のシーンから始まるのがシリーズ第6巻。

    ますます仲の良い二人。
    女将、佐和も少しづつ店の中のない習いを律に教えてゆく。

    縁が縁を呼んで、新しい友人も増える。
    律は女の生き方も一つじゃないと、知ってゆく。

    後半に大きな事件(駆け込み)に家族揃って巻き込まれるスペクタルな展...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!