殊能将之の一覧

「殊能将之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:殊能将之(シュノウマサユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年01月19日
  • 出身地:日本 / 福井県
  • 職業:作家

(しゅのう まさゆき)と読む。福井県立藤島高等学校卒。1999年『ハサミ男』でメフィスト賞を受賞してデビュー。同作は映画化もされた。その他作品に『美濃牛』、『黒い仏』などがある。2013年死去、享年49歳。

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • ハサミ男
    変な騙され方をした。
    はじめのモノローグでなぜか女性だと思いこんでしまって、読み進めていくうちに
    「あれっ男やったんか〜、そうかタイトルに男って書いてあるもんな〜」
    と、やっとスタートラインに立って騙され始めた。

    作者の描写力のなせる技なのか、
    私のアホさが発揮されたのか。

    いずれにせよ、めっち...続きを読む
  • ハサミ男
    サイコキラーが探偵役もやりながら、警察ミステリーも同時に展開される緻密なミステリー。タイトルや雰囲気は地味ながらも傑作。

    中終盤からの意外過ぎる展開はかなりの衝撃で、真犯人と大仕掛けのどちらも全然わからなかった… よくもまぁこんな話を考えて、組立ましたね。

    あと、ラストの一言は怖い。
  • ハサミ男

    深く仕込まれた罠

    この本を知り、読もうとした時点でもう作者の仕掛けが始まっているという点に本当に驚いた。
  • ハサミ男
    素直に「凄い」「面白かった」です。
    残酷なサイコキラーハサミ男の模倣犯はまさかの奴でした。警察とハサミ男の心理戦、ハサミ男の闇、そして意外で圧巻のクライマックス。最後は凄すぎて目が離せません。ミステリーの名作といわれる理由がわかります。
  • ハサミ男
    シリアルキラー「ハサミ男」が自分の模倣犯の殺人の発見者になってしまう、ってだけでも斬新だが、さらに一見真面目な優等生だがいろいろと裏のある被害者、アメリカ帰りのエリート刑事とそれだけで一本小説が書けそうな要素満載。そして、最後に2重3重に読者の予測を裏切る展開と、ちょっと凄い小説だった。
    あまりに要...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!