殊能将之の一覧

「殊能将之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:殊能将之(シュノウマサユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年01月19日
  • 出身地:日本 / 福井県
  • 職業:作家

(しゅのう まさゆき)と読む。福井県立藤島高等学校卒。1999年『ハサミ男』でメフィスト賞を受賞してデビュー。同作は映画化もされた。その他作品に『美濃牛』、『黒い仏』などがある。2013年死去、享年49歳。

値引き作品コーナー

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • ハサミ男
    すっかり騙されました。
    連続殺人鬼視点の、猟奇殺人への渇望や思考などの類の描写が多いタイプの話で終わるのかなと。
    実際ハサミ男の頭の中には「医師」なるもう1人の幻覚がいて、自身は毎週自殺を試みるなど、普通の感覚とは違っていて、そこもまたならではで、興味深いと思いました。
    が、後半にさしかかるにつれ、...続きを読む
  • ハサミ男
    えっーと、どんでん返しがあることが分かっていたので、だいぶ慎重に読んだんですが、あれもだったのかと歯噛み
  • ハサミ男
    女子高生ばかりをねらう猟奇殺人犯ハサミ男。次のターゲットへ今、まさに実行にうつそうと思ったその時に彼女は別の犯人よって殺害されてしまいます。しかも、ハサミ男の模倣犯によって…。奇しくも第一発見者となってしまった彼のプライドはズタズタ。偽ハサミ男を探し始めます。主人公のハサミ男のキャラクターがよくでき...続きを読む
  • ハサミ男
    叙述トリックであることはなんとなく気付いていたが、「そこか!」と思わせるドンデン返しが。

    他の人の感想もあった通りタイトルに騙されたのと、伏線の置き方が巧みだった。
  • ハサミ男
    何というか超超面白かった:(;゙゚'ω゚'):
    別の本の箸休め的に読み始めたけど、そっちより先に読み終わる始末。

    叙述トリックとして有名な本書。
    なのでネタバレせずにどう面白かったのか描くのが難しいけど…

    こんなのは「びっくりトリックがある」と分かっていてもまず気づけない。
    でも「もしかしたら?...続きを読む