「殊能将之」おすすめ作品一覧

「殊能将之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:殊能将之(シュノウマサユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年01月19日
  • 出身地:日本 / 福井県
  • 職業:作家

(しゅのう まさゆき)と読む。福井県立藤島高等学校卒。1999年『ハサミ男』でメフィスト賞を受賞してデビュー。同作は映画化もされた。その他作品に『美濃牛』、『黒い仏』などがある。2013年死去、享年49歳。

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • ハサミ男

    騙された!!

    完全に騙された!
    続きが気になって読み終えるまで何も手につかず状態。後半頭が???状態になりつつ読み進めるとえーーー?!となります。作者に騙された。また風景や人間の描写が上手でリアルに想像できる文章が好きだった。読み終わってすぐはじめから読み返したくなる本。
  • ハサミ男
    最後にビックリの評が気になって読んでみたら・・・
    やっぱり二度読みをしてしまった。視点が変わるだけでいつのまにか書き手の思い通りにだまされてしまう。
    いつものダラダラ読みを反省(笑)
  • ハサミ男
    何の先入観も情報も持たずに読み始めたので疑う事もなくすんなり騙された♪は?ってとこもあったけど、驚きもたくさんあって面白かった。
  • ハサミ男
    構造的、心理的に納得感のあるオチが秀逸。
    後、作中何度か出てくる食べ物の描写がおいしそう。
    私はこの本を読むまで、ミートパイ等食べたことなかったが、思わず冷凍パイシートを購入し、自作してしまった。
  • ハサミ男
    帯や煽り文では注目度を上げるためか「猟奇殺人」という言葉をよく見受けるが、実際の内容として猟奇性は特になく、叙述トリックの鮮やかな一閃を味わうことが出来る珠玉の一冊。叙述トリックについては「なにが最も鮮やかか」「どれが一番素晴らしいか」を比べようとする流れが起きやすいが、いずれもその議論に挙げられる...続きを読む

特集