物書同心居眠り紋蔵(一)

物書同心居眠り紋蔵(一)

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

南町奉行所で内勤30年。勤務中でも居眠りをする奇病を持つ藤木紋蔵。だが、奇病ゆえ、人生の真実が見える時がある。義父が下女に手を出し、妊娠させる騒動が起きた。義母は「男は穢らわしい」とご立腹だ。人間の欲深さを描く「浮気の後始末」ほか7編。“窓際族”同心が活躍する捕物帳!連作時代小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
物書同心居眠り紋蔵シリーズ
ページ数
368ページ
電子版発売日
2013年03月08日
紙の本の発売
1997年09月
サイズ(目安)
1MB

物書同心居眠り紋蔵(一) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    物書同心 居眠り紋蔵

    与一ちゃん 2021年06月08日

    以前、テレビで「舘ひろし・風吹ジュン」が夫婦でやってた記憶があったので、読んでみた
    誠実さだけが取り柄の、冴えない中年オヤジで、物事を何とか納めているのが面白い
    捨吉・大竹金吾・蜂谷鉄五郎など、周囲のキャラクターも絶妙な塩梅だ
    稲・麦・紋太郎・紋次郎と、子供の名付け方も適当で、主人公の「性格設...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月27日

    なぜか、居眠りをしてしまうという奇病を持つ藤木紋蔵。人前に出る仕事はさせられないと書き物する裏方に。 三廻りの、金が入る同心の仕事にはつけない。 さて、そんな紋蔵だが、、、。と面白い人物の周りに起こるあれこれのシリーズ。捨てる神あれば拾う神あり

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    目次
    ・お奉行さま
    ・不思議な手紙
    ・出雲の神さま
    ・泣かねえ紋蔵
    ・女敵(めがたき)持ち
    ・浮気の後始末
    ・浜爺の水茶屋
    ・おもかげ

    シリーズの途中から読んでしまったので、第一作から読み直し。
    最初なので、人間関係がよくわかる。
    仲良さげに語らっているけれど大竹金吾は後輩(しかし紋蔵より役職が上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    紋蔵は所構わずわずかな時間が空くと居眠りをしてしまうと言う奇病を持った中年男。その為、内勤の例繰り方(書記?)に配属され30年。この手のいわば窓際族を主人公にする作品は時々見ますが、紋蔵のキャラクターは一味違います。普通、ちょっと斜めに構えていたり、内・外で違う顔を見せる事が多いのですが、紋蔵はそう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月04日

    物書同心居眠り紋蔵の第一巻

    お奉行さま
    不思議な手紙
    出雲の神さま
    泣かねえ紋蔵
    女敵持ち
    浮気の後始末
    浜爺の水茶屋
    おもかげ

    第一巻だというのに、登場人物の説明や生い立ちらしいものがなく、他の紋蔵シリーズ同様に普通の日常からスタートするのに驚いた。こうやってシリーズものが始まるとは、らしいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    たぶんごく普通の江戸の日常を窓際族の同心の視点から描いている。とっても人間味あふれる作品で短編だけど光っています。もっと他のシリーズが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月05日

    少し前に買っていてなかなか読めなかったのだけど、
    読み始めたらすっと読み終わった。
    もう少し突っ込んでも良いかなって思ったんだけど、顛末はこんな風で良かったのかもしれない。
    現代にも通じる事件ばかりで^^;
    面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月08日

    どの短編も平均して安定的に面白い。宮部みゆきの江戸物ほどのけれん味はないが出張に持って行くにははずれがなくて良さそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月07日

     昼間に少しでもヒマができると、堪えようもなく居眠りしてしまうという奇病に悩まされる主人公・紋蔵。その体質ゆえ、日の当たる出世街道を望むべくもなく、とにかく外に恥をかかずにすむようなお役目につけられている。袖の下を望むべくもない役職で、扶持だけでは暮らし向きはなかなか苦しく、妻とともに内職をしながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    さえない中年の同心が主人公
    時々、上手く物事が運ぶけど、ほとんどの場合
    見逃したり、騙されたり・・・ハァ、情けない

    でも面白いんですよ、このシリーズは

    このレビューは参考になりましたか?

物書同心居眠り紋蔵 のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 物書同心居眠り紋蔵(一)
    南町奉行所で内勤30年。勤務中でも居眠りをする奇病を持つ藤木紋蔵。だが、奇病ゆえ、人生の真実が見える時がある。義父が下女に手を出し、妊娠させる騒動が起きた。義母は「男は穢らわしい」とご立腹だ。人間の欲深さを描く「浮気の後始末」ほか7編。“窓際族”同心が活躍する捕物帳!連作時代小説。
  • 隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵(二)
    砂糖問屋橘屋から十両が消えた。奉公人の持ち物改めの末、手代の文吉が疑われて店を追われた。おりから市中を騒がせていた盗賊、“隼小僧”が捕まり、橘屋の件もその仕業と判明したのだが、紋蔵には合点がいかないものがある。表題作「隼小僧異聞」を始め8編を収録する窓際同心居眠り紋蔵シリーズ第2弾!!
  • 密約 物書同心居眠り紋蔵(三)
    長男長女も独立し、のどかに過ごす藤木紋蔵の家へ、近くの長屋に住むいたずら坊主の文吉が、遊びに来たまま居着いてしまった。どうしたものかと思っていたが、手習塾の席書会で、文吉が書いた「へのへのもへじ」が大名家の詐欺事件の解決の手がかりに。いったい、文吉は厄介者か、福の神か。“窓際同心”痛快捕物帖!
  • お尋者 物書同心居眠り紋蔵(四)
    呉服屋の息子が義父殺しの罪で磔を申し渡され、美貌の内儀が冤罪を晴らしてほしいと助けを求めてきた。自分の手には負えないと断った紋蔵だが、生来の好奇心は抑えきれない。臭う、この事件にはからくりが……。二転、三転の末、行き着いた結末とは? 表題作他全8編を収めた“窓際同心”捕物帖、第4弾!
  • 老博奕打ち 物書同心居眠り紋蔵(五)
    博奕打ちの親分・仁吉が殺しの指図をした疑いで、大番屋にしょっぴかれた。ところが仁吉は強請りたかりも一切しない気性のさっぱりした男。腑に落ちない紋蔵は、仁吉を取り調べている北町臨時廻りの弥三郎に探りをいれるが……。見当違いをやりながら、ついには真相を明らかにする“窓際同心”捕物帖第5弾。
  • 四両二分の女 物書同心居眠り紋蔵(六)
    隠売女(売春)の罪で36人が検挙された。彼女らに前代未聞の刑“吉原送り”が敢行されようとしている。しかも、奉行所は彼女らを入札で吉原者に値をつけさせて、その金を御金蔵に納めるという。世間の非難を浴びるであろう刑に反対する紋蔵は一計を案じるが……。表題作「四両二分の女」ほか全8編収録。
  • 白い息 物書同心居眠り紋蔵(七)
    紋蔵が深川の元締め殺しの背後にある事情に心痛めていた折り、例繰方での経験を生かして、将軍の御前で裁きを披露する「吹上上聴」で扱う事件に、先例がないことを確かめてくれと頼まれた。が、先例を知っていた紋蔵は苦慮の末に逆転の手を閃いて……。定廻りに任じられた紋蔵の葛藤を描いた好評短編連作。
  • 向井帯刀の発心 物書同心居眠り紋蔵(八)
    次男の紋次郎にまで養子話が出て跡継ぎに頭を悩ませる紋蔵。貰い子の文吉も侠客・不動岩の伜に世話になると家を飛び出した。が、紋次郎が剣術の稽古でいじめられていると知って仕返ししたらしい。子供の喧嘩にしゃしゃり出てきた親は上役の吟味方与力・黒川静右衛門。逆恨みの無理難題を切り抜けられるか。
  • 一心斎不覚の筆禍 物書同心居眠り紋蔵(九)
    話題の書本(かきほん)で先祖の名誉が汚されたので、作者を罰してほしい――。大店の老舗菓子屋の主人の訴えに、書本を罰した先例はないという紋蔵が読んでみると、室鳩巣(むろきゅうそう)の記した賤ヶ岳の戦いでの美談が偽りだと理詰めで証された見事な出来栄え。そんな折に作者が殺されて……(表題作)。大人気の読み切り連作長編。「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第9弾。(講談社文庫)
  • 魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵(十)
    高輪・如来寺に赴任した快鴬は、門前町人たちに地代を課そうとしたが、彼らがいっこうに払わないので公儀に訴えた。ごく簡単な訴訟だったはずなのに、背後に拝領地の売買という、奉行所が裁決を避けてきた容易ならぬ問題が。訴訟を取り下げさせるという厄介事が紋蔵に降りかかる表題作。「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第10弾。(講談社文庫)
  • ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵(十一)
    ※本作品は 2014年2月21日~2014年7月10日まで販売しておりました単行本版『ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵(十一)』の文庫版となります。本編内容は同じとなりますので予めご了承下さい。既に同作品をご購入されているお客様におかれましてはご注意下さい。 八丁堀小町と呼ばれているちよは、料理茶屋・観潮亭の看板娘として評判を得ていたが、抜群の三味線の腕を持つみわに看板娘の座を取って代わられる。さらに、みわの出生の秘密を知り、負けん気を起こしたちよが「あたいは公方様のお姫様かもしれない」と思い込み……。器量よしの娘と三味線の名手の娘、ふたりの看板娘の自負心が引き起こす厄介事に周囲の大人はてんてこまい!表題作他全8編収録の捕物帖第11弾。
  • へこたれない人 物書同心居眠り紋蔵(十二)
    しがない小役人の山本庄蔵は葵の御紋が付いた提灯や長持を使って、ひと儲けを画策する。お上に知られた庄蔵に下されるのは「江戸払い」か「御扶持召放」か? 差し戻された裁決は、紋蔵のもとに。紋蔵が悩まされるなか当の庄蔵はちょこまか江戸を動きまわり、聞きしに勝る図太さで、へこたれない。表題作含む8編収録の人気捕物帖第12弾。人気の紋蔵シリーズ読み応え充分の新展開!
  • わけあり師匠事の顛末 物書同心居眠り紋蔵(十三)
    「わたしを騙したんですね」「なんといっていいか…」手習塾で予期せぬ再会をしたわけありの男女を放っておけない紋蔵は。手習塾市川堂の男座の師匠を務める、青野又五郎を目の当たりにした安芸広島浅野家の奥女中の奥林千賀子は、「わたしを騙したんですね」と言い放つ。南町奉行所の同心、藤木紋蔵が、次々と持ち込まれる厄介事をさばきながら、ついにたどりついた二人の事の顛末はいかに?シリーズ随一の静かな"恋物語"誕生。
  • 御奉行の頭の火照り 物書同心居眠り紋蔵(十四)
    江戸の「お騒がせ男」として名物男の蟋蟀(こおろぎ)小三郎に頼まれて、知恵をかした“窓ぎわ同心”の藤木紋蔵。そのために、面子をつぶされた南町奉行所御奉行が烈火の如く怒る! 予想外の逆恨みを受けることになってしまった紋蔵の進退やいかに? 人気シリーズ最大の〈失職〉危機が迫る最新作。
  • 敵討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵(十五)
    江戸市中あちこちで起きる厄介事は、なぜかこの男の許に持ち込まれる。 南町奉行所の窓ぎわ同心の藤木紋蔵。今日もまた難事件に奔走する。 火事場のどさくさに紛れて、火の中に行く盗人の真意は?(「目隠し板貼り付け要求の裏の絡繰」) 薬箱持ちから身を興した評判の医師の悩みの種は、自分の許に通ってくる弟子と一人娘のことだった。 表題作「敵討ちか主殺しか」含む8編収録の人情物語。

物書同心居眠り紋蔵 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

物書同心居眠り紋蔵 に関連する特集・キャンペーン