「我孫子武丸」おすすめ作品一覧

「我孫子武丸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:我孫子武丸(アビコタケマル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年10月07日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

1989年『8の殺人』で小説家デビュー。『速水三兄妹シリーズ』、『人形シリーズ』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/10/26更新

ユーザーレビュー

  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    弓道部の女子学生って合気道部のとはどこかが違ってたんだよな。
    そんなことを昔に思っていたことを思い出しました。あの頃は良かったなー
  • 弥勒の掌
    まとめて読もう気になるミステリ・第4弾(勝手に)

     ・ やられた! 『殺戮に至る病』以来の衝撃。でも「重たく」ない、「したり顔」をしない。不思議なバランスの快作だと思う。人に勧めたい。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    見事に騙された。
    とても面白かった。

    グロイ描写が多数あるので、そういうのが苦手な人にはお勧めできないが
    殺されてからの描写なので個人的にはまだ気にならずに一気に読めたかな。

    我孫子さんの作品の中で一番好き
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後のどんでん返しで、すごいなと本当に思った。かなりのグロさがあるが続きが気になりスイスイと呼んでしまった。。。すぐに読み返したくなるどんでん返しで、こんな感覚になったのははじめて。かなり面白かった。まぁ、結構ぐろかったけども。。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    殺戮にいたる病。我孫子武丸先生の著書。猟奇的殺人者、サイコパス殺人者とそれを取り巻く人間たちの行動や心の葛藤をスリル満点で描いた良作です。最後までハラハラドキドキ、ホラー作品ならではの魅力一杯の一冊です。

特集