【感想・ネタバレ】新装版 殺戮にいたる病のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年04月30日

完全に騙された。久しくミステリに触れてこなかったが、やはり良いものである。
作者は自分の他の作品と比べてこの一作が際立って売れていることを無為に首肯していないが、この作品だけが特別な評価を得るのも致し方ないのではないだろうか、それ程までに素晴らしい作品だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月22日

ラスト、「え?これで終わり?」「どういうこと?」としばらく置き去りにされた。それから、よくよく話を思い返してみて、全てが繋がった時、胸の騒めきが抑えられなかった。完全に騙された、としか言えない。個人的にとても好きでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月11日

積読になってたんですが、小説読みたい欲が再発して読み出した一冊。
エグめの描写と狂気が生々しく表現されていて、なかなか気分が悪くなりながらも気になってどんどん読んでしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月11日

グロいのは仕方ありません。

最後の最後で「ええっ!?」ってなります。

叙述トリック?というんですかね、見事にやられました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年04月10日

年代をずらすトリックか、稔が2人いるトリックかとか考えながら読んだが全く違和感のない文章のおかげで稔=息子という構図をしっかり脳内に描いてしまった、そして最終章では終局に向かう物語に引き込まれていき、最後の一文で軽くパニックを起こした。

軽く思い返しただけでも稔が大学の授業を受けているのではなく教...続きを読む授であることや、稔の母と雅子の遣い分け、2番目に殺害した女がおじさん呼ばわりするなど散りばめられていたが勝手に補完したら読み進めていた。

痺れる作品やった









大杉漣
窪田正孝
内田有紀

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月30日

最後の1ページ、最後の1行が衝撃すぎて、何度も読み返した。読み返して見ると、あ、え?そゆこと?え?そゆこと?の連続。実にぐろい内容だが爽快に騙されて満足。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月18日

ミステリーは好きで色々読んでいるが、久しぶりに没入して楽しめた作品だった。どんでん返しの展開と言ってもどうせ予想がついちゃうんじゃ?と甘く見ていたら良い意味で裏切られた。とても面白かった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月15日

描写が生々しくて気持ち悪くて、こんなの人前で読んでていいのかな?と思うほど。でもページを捲る手が止まらなかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月08日

騙されないだろうと高を括っていたが、騙されました。完敗。
各章が終わるたびに、推理して読み進めていたが、絶対に気づかないであろう叙述トリックに脱帽。
またサイコキラー蒲生稔視点のストーリーが忌々しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月20日

言われてみればそうだった、と思わせるラストは圧巻。
ただし、あまり若い世代にはすすめられない一冊ではある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月18日

こんなこと言ったら、読んだことある人達にドン引きされるかもしれないけど、数々の性的な描写に感動してしまった。

叙述トリックに関してはもはや語る必要が無い。ラスト数ページでの、ん?どういうこと?はい?というあの感情はやっぱり気持ちがいい。

この作品の特徴として、そのグロさがよく話されると思うけど、...続きを読む文章だけでここまで人を不快にさせることが出来るのかって思った。そういう意味での感動。

裂かれる皮膚、溢れる血、恍惚とした主人公の顔と冷たくなる死体を想像してしまい、本当に気持ち悪くなった。

人に勧めるときには細心の注意が必要。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月11日

最後の最後までどのような展開で、結末を迎えるのか想像ができない所が面白い。グロテスクな表現が多く、目を背けたくなるが、それだけ稔の心が病んでいたのかが分かる。その原因も含め、最後に全てが集結される。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月08日

ただただ残虐な事件を犯人目線や警察目線で進んでいく物語だと思っていた…。
そしたら最後の最後にまさかの事実が。
断片的なピースがハマるというのはこういう事を言うのか!

叙述トリックを除いても、残虐な表現や生々しい表現に心を抉られる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月01日

犯人目線で書かれているからか、グロい表現であっても怖さはなかった。
最後の一行で鳥肌が立つ感覚がたまらない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月30日

途中で違和感を感じることがありつつも、違和感の正体がわからず、最後まで面白く読めました。グロい表現があるのでそこはなるべく自分に置き換えないように気をつけて。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

うーん

ちのすけ 2018年07月13日

とにかくもう一度読みたくなる作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月02日

グロ系大丈夫な方なら一読の価値はあります。
最後の1行まで騙される大どんでん返しが「小説」としての面白さを最大限に感じさせてくれます。ただし殺人描写がかなり気持ち悪いので苦手だとキツイかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月18日

ミステリーファンが新本格だと思ってウキウキで読むとガッカリするが、サイコキラー小説としては間違いなく名作。

殺人における描写力が凄まじい。殺人の生々しさにお腹がキュッとなったミステリーは初めて。
テンポもいいし、最後まで緊張感を持って楽しめる。

ミステリーとしては気づく人は気づくレベルで記述され...続きを読むている。トリックが豪胆。
叙述トリックの名作として名高いが、謎解き重視ではなく小説として楽しみたい人向け。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月14日

怖いグロいゾッとする!
ホラーサスペンスに必要な三大要素を全て兼ね備えたある意味問題作。面白かった。
これこそ実写化不可能だろうな…でもなんとして実現して欲しい。R20くらいで。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月27日

かまいたちの夜シリーズで自分的にはお馴染みの我孫子武丸氏
顔を背けたくなるような過激でグロテスクな描写が多々
叙述トリックがあるという事前情報込みでも見事に騙されました 啞然 です
ラスト数行の為に全てがあると言っても過言ではないでしょう
騙されました。騙されはしたし驚き、感心もしたけどそれを踏まえ...続きを読むても話に無理がある気が…
稔が端正な顔立ちの若者であると思っていた時点でも、そうほいほい見知らぬ男に女性がついて行くかねと違和感を覚えてましたけど、それがトリックによって綺麗に消化されるものだと思ったら、より一層無理がある感じに…
樋口の存在があっても”それ”はありえる話であると感じるのは厳しかったです
とにかくラストの衝撃が全てで、そこから話を組み立てていったのかなぁと感じました

このレビューは参考になりましたか?