狼と兎のゲーム

狼と兎のゲーム

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

智樹のクラスメイトの心澄望は、警察官の父親から暴力を振るわれて傷が絶えない。夏休みのある日、勤務中の父親のパソコンを壊してしまったと怯える心澄望と智樹がこっそりと家に戻ると、弟の甲斐亜の死体を始末している父親の姿が。慌てて家を飛び出した二人は、迫り来る怪物から逃げ切ることができるか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年11月13日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

狼と兎のゲーム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月23日

    『殺戮にいたる病』が非常に衝撃的であり、面白かったので、評判の高い本作も手にしてみた。

    主人公は二人の小学生、心澄望と智樹なのだが、本作もまた衝撃的なストーリーと迫り来る恐怖に手に最後まで汗握った。

    智樹の心澄望は警察官の父親から虐待を受けていた。夏休みのある日、二人は心澄望の弟の死体を始末して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月01日

    暴力をふるう父親を持つ少年と、その友達が父親から逃げるお話。
    この父親は最低な男だ。逃げることができのか?見つかってしまうのか?のハラハラが楽しめる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月11日

    あれ?こんなポップな文章書く方でしたっけ!?山田悠介かよ!?
    って思いましたが、元がYA小説向けのプロットとのこと(あとがきより)で納得。
    一部グロい部分はあるので、ヤングにはお勧めはしない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月11日

    小学生が主役なので彼の行動や心理にやきもきさせられることもあるが、終始ハラハラさせられる。
    父親の外道っぷりには本気で虫酸が走るレベル。
    後味は悪い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月20日

     面白かった。我孫子武丸らしいギミックで纏められてる良作。
     サイコパスから逃げ続けるパニックホラー作品なんだけど、本当に最後がどうなるかわからないって点がとても良い。我孫子武丸なら最低なバッドエンドにしてしまうかもしれないし、ある程度救いのある物語として完結するかもしれない。だけれど目の前は本当に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月24日

    友人から拝借。

    うむ。
    徹頭徹尾イライラした。
    どうなるのかハラハラしたもしたけど、
    山上一家のゲスぶりに超イラついた。

    自分ではチョイスしない本だったので、
    逆に良かったかも。

    文章も簡潔明快でとても読みやすい。
    状況も想像しやすく、良著だとおもう。

    面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月03日

    久々の我孫子武丸氏。もっとホラー系かと勝手に思ってたけど、さほどでもなかった。
    てか、帯煽りすぎや。
    追っかけつ子がお好きな方はどうぞ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    久々の我孫子作品だったが、やっぱり楽しめた。

    主人公は小学5年生の智樹とそのクラスメイトである心澄望。

    巻頭から2人が恐怖に怯えながら逃げるシーンが描かれているが、これが本作の重要なシーンでもある恐怖のリアル鬼ごっこ。

    心澄望は警察官である父親から日常的に暴力を受けていて生傷が絶えない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月10日

    この人は基本気持ち悪い人間が出てくるのかね
    最後の展開は意外なんだけど設定のせいであまり怖くはなかった
    でもビックリした

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月03日

    「ミステリーランド」用に書いてたのを一般向けにしたようで、内容も展開も普通。

    <あらすじ>
    小5の智樹のクラスメイトの心澄望は、警察官の父親から暴力を振るわれて傷が絶えない。
    母親は暴力に耐えかねて家を出てしまったらしい。

    夏休みのある日、勤務中の父親のパソコンを壊してしまったと怯える心澄望と智...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

狼と兎のゲーム に関連する特集・キャンペーン