我孫子武丸のレビュー一覧

  • 新装版 殺戮にいたる病
    言われてみればそうだった、と思わせるラストは圧巻。
    ただし、あまり若い世代にはすすめられない一冊ではある。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    こんなこと言ったら、読んだことある人達にドン引きされるかもしれないけど、数々の性的な描写に感動してしまった。

    叙述トリックに関してはもはや語る必要が無い。ラスト数ページでの、ん?どういうこと?はい?というあの感情はやっぱり気持ちがいい。

    この作品の特徴として、そのグロさがよく話されると思うけど、...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後の最後までどのような展開で、結末を迎えるのか想像ができない所が面白い。グロテスクな表現が多く、目を背けたくなるが、それだけ稔の心が病んでいたのかが分かる。その原因も含め、最後に全てが集結される。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    ただただ残虐な事件を犯人目線や警察目線で進んでいく物語だと思っていた…。
    そしたら最後の最後にまさかの事実が。
    断片的なピースがハマるというのはこういう事を言うのか!

    叙述トリックを除いても、残虐な表現や生々しい表現に心を抉られる。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    犯人目線で書かれているからか、グロい表現であっても怖さはなかった。
    最後の一行で鳥肌が立つ感覚がたまらない。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    途中で違和感を感じることがありつつも、違和感の正体がわからず、最後まで面白く読めました。グロい表現があるのでそこはなるべく自分に置き換えないように気をつけて。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    いや~面白い本に出会った。
    表現方法もなかなかグロテスクで途中何度も鳥肌が立ちました。


    稔と母の雅子と元刑事の樋口の3人こらの視点で物語が進む感じで読みやすかった。


    想像の上を行く展開でグングン引き込まれて一気読み間違いなし!!


    しかも核心部分は明かされす...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後の1段落で衝撃を受けた。
    初めて、1から読み返したいと思えた。

    父と息子、義母と母が叙述トリックにより誤認させられていたことに気がつく。
    本文には散々そのヒントが散りばめられていたのに。

    女性を殺害、死姦、乳房や子宮を切り取る描写が細かく、リアルな映像が浮かぶ。佐川一政など、実在の食人肉者や...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    内容は怖かったし気持ち悪い場面も複数あったが、読み応えはあった。最後まで読まないとわからない著者のトリックが素晴らしい
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後、一瞬意味が分からず、全てを理解した瞬間にきっと脳内はアハ状態なんだろうなという感じ。
    一気に読むほどに引き込まれた。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    騙された。蒲生稔という人物が犯人なのは分かってたけど、最後に死んでた人が犯人の稔じゃなかったのが、驚きだった。母の雅子が死体の入った袋を発見してあとを付けてたのは分かったけど、長男の21歳男性って結局誰の子どもだったんだ?雅子65歳の息子が稔43歳で稔の息子が死んでた人だっのかな?もう1回読まないと...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    主人公が女性を残虐な方法で殺害していく一方、母親が息子が犯人ではないかと疑うストーリー。
    息子という表現で、登場人物である大学生の男が犯人だと錯覚させられるが、祖母の”息子”つまり母親の旦那が犯人だったオチ。完全にキレイに騙された。途中の性的表現とかがグロくて嫌やったけど、今までのどんでん返し系で1...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    有名すぎて叙述トリックと知ってて読んだので、最初から疑って読んでいてなんとなくオチがわかってしまいましたが、やはり最後のどんでん返しは痛快でした。痛快さと引き換えに登場人物の後日談など一切ないのが逆にいいですね笑
    1992年の作品と知り、さすがに現代だと証拠残りすぎだよなあと思う気もしますが、文章の...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    もうほんとにえぐい作品…
    最初は何もきずかず、殺人手段や犯人の行動に怯えてただけだったのに
    最後の真実全部知っちゃったら、もう「えっ!?」が止まらない作品です
    作者さんの書き方が上手なんでしょうね…
    ラストはわかりにくいとこがあるけど、それよりも衝撃
    ほんとに「これを読まずしてミステリーを語るなかれ...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後のひと段落でこれまでの約350Pが全て覆る。気づくわけもない巧妙なものであり、再読を促す非常に上手い手法を用いた。
    聞いてたよりもグロくない。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    目の前にありありと情景が
    浮かんでくるような秀逸な表現力。
    グロテスクな描写が多く、
    読むのに体力を使う作品だった…

    読み終わった瞬間、唖然。痺れた。

    グロテスクな分、他人に勧めるのは気が引けるが
    これは読むべき1冊だと思う。
  • 7人の名探偵
    ミステリーアンソロジー7作品短編集。あとがき解説無。
    新本格30周年記念に寄せて7人の名探偵を一気に味わえる心にくい演出です。
    順に読み進め7作目の『仮題・ぬえの密室』に全てが集約され、ずっしりとした本格の歴史を感じました。これから読まれる方にも入りやすい作品を探すのにお勧めです。
  • 7人の名探偵
    新本格30周年の記念アンソロジー。
    新本格に夢中になってたのが20年前くらいなので、思えば自分も年をとったものだなあと。あと、出産~育児で読書から離れていたのもあり、これで久しぶりに読んだ作者も結構いたりして懐かしくなった。
    全体を通して、ストレートな本格の割合が低くて、結構意外だった。全員の個性が...続きを読む
  • メビウスの殺人
     速見三兄妹シリーズの第三作目です。今回は無差別殺人事件です。濃いキャラクターのどたばたギャグは健在。
     作者の我孫子武丸氏は、この作品を書いているうちに『殺戮にいたる病』を思いついたそうです。明るい『メビウスの殺人』に暗い『殺戮にいたる病』と、明るさは全く違いますが、そういえば似た雰囲気を持ってい...続きを読む
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    ネットやスマホの普及で本格ミステリ界隈にも色々な変化が訪れてるというのは耳にするけど、新本格30周年記念である本作には奇しくもAIの探偵を扱った作品が2本収録されていて、なんだか感慨深い。
    この先新本格40周年、50周年と迎えたとき、どんなミステリが書かれているのか、この30周年はどんな気持ちで読...続きを読む