「田中啓文」おすすめ作品一覧

「田中啓文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 漫才刑事
    昼間は警察官、夜や休日は漫才コンビの片割れとして
    舞台に立つ...という「ありえへん」設定(^ ^
    最初っから「ドフィクション」と思って読むので、
    気楽にあははあははと楽しめる(^ ^

    ただ、おバカな設定の割には(?)
    主人公のお笑いに掛ける熱意は本物で。
    しかも刑事としての能力も高くて、がウソっ...続きを読む
  • 忘却の船に流れは光
    壮大なスケールで作り込まれたSF小説。
    厳格な階級統制が敷かれた世界において、見習い聖職者である主人公が、宗教と言う名のベールに閉ざされた創世の秘密を解明する話。

    最高に面白かった満足度百店満点、私こういう小説が読みたかったんですホギャー!!と叫んで走り回りたくなるくらいに超オススメ。但しエログロ...続きを読む
  • アケルダマ
    アケルダマ。この奇妙なタイトルを見て、咄嗟に新約聖書の福音書を思い浮かべる人は、残念ながら日本ではそう多くないと思う。
    すぐに本書中で触れられるが、これは裏切り者の代名詞ともなっている「ユダ」が、キリストを銀貨30枚でユダヤの大祭司に売り渡し、その後その銀貨をもって購入した地所であり、ユダはその地で...続きを読む
  • ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3
    新書購入


     推理。落語。現代。
     続き物。

     とさか頭の不良の竜二(芸名・梅駆)は、酒癖の悪く暴力を振るう師匠笑酔亭梅寿の元に住み込みで弟子入り中。
     いろんな事件に巻き込まれて・・・。

     いろんな才能があるらしい竜二。(演劇の才能も、落語家の才能も、推理能力もあるのですよ、彼は)
     でも当...続きを読む
  • ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺
     ミステリーの完成度、というより、総合的な完成度が高いと思う。
     このような書き方をすると堅苦しいキチキチとした小説のイメージになってしまうが、そんなんじゃなくって、キャラクターや話の流れが読んでいて心地よいのだ。
     主人公である竜二、彼はヤンキーでどうしようもない不良のように見えるが、酔っ払いで借...続きを読む

特集