イルカは笑う

イルカは笑う

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

時に、二一九五年、日本は倒産しました――すべてのSFファンに捧ぐ「ガラスの地球を救え!」、最後の地球人がイルカと出会う表題作他、笑いと脱力、まさかの感動に満ちた十二の名短篇。日本よ、これが小説だ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

イルカは笑う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月09日

    感想:ひとことでいうと「なんじゃこりゃ~」
    基本はダジャレですね。ただのダジャレをつなぎ合わせて荒唐無稽な物語を紡ぎだしていく遊び。(そうではない話もいくつかはある)
    教養としての雑学がないと元ネタがわからず、ただの変なお話で終わってしまうと思う。(私も1割ほどわからないネタがありましたが…)
    初読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月31日

    アニメに特撮に落語にホラーに音楽に歴史にドラマに…
    いろんなものを「SF」という串で貫いた、
    何兄弟かわからんくらいの団子風短編アンソロジー。
    いろんなジャンルのお話が楽しめて、お得感いっぱいですw。
    個人的には、「あの宇宙戦艦」の意外な活躍を見られたのが
    えらい嬉しかったです〜(笑)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    ちょっと雑な話もあったけど楽しかった。
    ゾンビシェフの、筒井康隆っぽいな〜と読んだら、
    ぽいのね。
    イルカのオチの笑い、良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    ショートショート「まごころを君に」のオチに笑った。いかにも落語のオチで、とぼけた感じがいい。言うまでもなく、「まごころを君に」は「アルジャーノンに花束を」の映画化で、クリフ・ロバートソンがアカデミー主演男優賞を受賞した作品の邦題。
    シリアスな「あの言葉」とホラーの「歌姫のくちびる」も良い。バラエティ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月17日

    「本能寺の大変」やら「屍者の定食」やらといったタイトルから窺い知れる通り、実に脱力するSF短編集。頻出するグロテスクな描写もやっぱり著者ならではだなあ。
    しかし一作目の「ガラスの地球を救え!」ではうっかり感動しそうになってしまった。ううん好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年11月02日

    表紙のイルカが可愛くてジャケ買い。

    まあまあ自分はシニカルな話が好きだと
    自負していたのだけれど、
    この短編集のシニカルかつブラックなユーモアには
    正直ついていけなかった。

    所々当て字的なダジャレ(地口?)も多いのだけれど、
    元ネタがわからないのが多数。
    洋画邦画好きにはツボに入るのだろうか。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

河出文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング