【感想・ネタバレ】イルカは笑うのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年11月10日

非常に面白い短編集でした。
全体的にSFな話が多いですが、長いものはなく、とても読みやすかったです。また設定もあまり凝ったものではなく、理解しやすかったです。

以下、お気に入りの作品別の感想です。
・イルカは笑う
この本の表題作。表紙的にも、「イルカがせめてきたぞっ」的なものなのかなって思って読み...続きを読む進めていき、私も作中の爺さんのように穏やかに読み終えられると思っていましたが、最後の二ページですべて打ち消されました。これはやられたなと感じ、私もイルカと一緒に笑ってしまいました。
・血の汗流せ
今までで一番面白い青春小説でしたね。ちょっと不思議な少年に恋する少女のお話かと思えば、すこしずつ狂気的になっていき、最後には地獄(天国)に至るなんて、想像できませんでした。非常に面白かったです。
・みんな俺であれ
物語と言うよりは、設定資料みたいな短編。最後の一ページが何度か読まないとわからなかったのですが、意味がわかった時はぞっとしました。
・あの言葉
巻末の解説にもある通り、この本の中で一番シリアスな作品。国の転覆? のために翻弄した過去を持つ女性が政治家になって、それでもかつての仲間の最後の言葉を求めるお話。私の好きなタイムトラベルもの? でした。
・あるいはマンボウでいっぱいの海
マンボウの産む三億個の卵が全部無事に孵化したら? というお話。この本に数本は行っている落語テイストの作品の一つです。おおよそどうなるか先が読めるのに、二人の会話のみで進められる物語が面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月31日

アニメに特撮に落語にホラーに音楽に歴史にドラマに…
いろんなものを「SF」という串で貫いた、
何兄弟かわからんくらいの団子風短編アンソロジー。
いろんなジャンルのお話が楽しめて、お得感いっぱいですw。
個人的には、「あの宇宙戦艦」の意外な活躍を見られたのが
えらい嬉しかったです〜(笑)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月12日

ちょっと雑な話もあったけど楽しかった。
ゾンビシェフの、筒井康隆っぽいな〜と読んだら、
ぽいのね。
イルカのオチの笑い、良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月15日

ショートショート「まごころを君に」のオチに笑った。いかにも落語のオチで、とぼけた感じがいい。言うまでもなく、「まごころを君に」は「アルジャーノンに花束を」の映画化で、クリフ・ロバートソンがアカデミー主演男優賞を受賞した作品の邦題。
シリアスな「あの言葉」とホラーの「歌姫のくちびる」も良い。バラエティ...続きを読むに富んだ短編集だが、ショートショートのおかしさが個人的には好み。ショートショートだけの作品集も出してください。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月02日

表紙のイルカが可愛くてジャケ買い。

まあまあ自分はシニカルな話が好きだと
自負していたのだけれど、
この短編集のシニカルかつブラックなユーモアには
正直ついていけなかった。

所々当て字的なダジャレ(地口?)も多いのだけれど、
元ネタがわからないのが多数。
洋画邦画好きにはツボに入るのだろうか。
...続きを読む
全体的に自分には合わなかったなぁ。
「まごころを君に」「あるいはマンボウでいっぱいの海」
といった落語的な作品に出会えただけでも良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月17日

「本能寺の大変」やら「屍者の定食」やらといったタイトルから窺い知れる通り、実に脱力するSF短編集。頻出するグロテスクな描写もやっぱり著者ならではだなあ。
しかし一作目の「ガラスの地球を救え!」ではうっかり感動しそうになってしまった。ううん好き。

このレビューは参考になりましたか?